無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私はいつも2番目の女。本命になれない9つの理由

恋愛をしてもいつも本命ではなく浮気相手、相手にはパートナーがいる2番目の女、という人はいませんか?本命になれない理由を知って、改善する方法を学びましょう。

2017年3月
恋愛・結婚

どうしていつも2番目の女?

本命になれない理由があるのかも

好きな人には恋人がいる、パートナーがいる人と恋に落ちてしまった、付き合っていたら浮気相手だと発覚した…などなど、いつも恋愛では2番目の女になってしまう人はいませんか?

浮気を仕掛けてくる男性は最低ですが、付け込みやすい理由もあるのかもしれません。そこで、本命になれない理由を探り、改善する方法を学びましょう。

1.見た目が“軽い女”風

大人の清楚さを大切に

「どんな人なのか」を知るときに、第一印象となる見た目はとても重要な項目です。髪色が明るくて、化粧が濃くて、肌の露出が目立つ服を着て…という人は、どうしても「軽い」と思われてしまいます。

自分の趣味なのかもしれませんが、その見た目ではずっと「軽い女」を目的とした男性しか近づきません。大人だからこその清楚な雰囲気も大切にしましょう。

髪は落ち着いた色に、化粧は素材を引き立たせる薄さに、服は隠すところは隠して女性らしさも感じさせて。あなた自身の魅力を引き立てるには、過度な装飾は逆効果です。

2.いつも体の関係を持ってしまう

好きな人こそ線引き

言い寄られたらすぐ好きになって、「いい感じだな」と思ったら付き合う前に体の関係を持ってしまっていませんか?こんな女性は、男性にとってはすぐに“させてくれる女”としか思われません。

彼が会いに来るのは、あなたの体を求めているだけではありませんか?好きだと思っている人だからこそ、体の関係になる線引きをしましょう。

3.いつも女性として認められたい

人としての魅力を磨いて

常に女性として充実していたいと思うと、交際する男性を探そうとする傾向があります。それが女性として認められたと感じるのに一番の方法だからです。

記事に関するお問い合わせ