無料の会員登録をすると
お気に入りができます

効きすぎてこわい!? 心理学を利用した恋愛テクニック11選

気になる相手に興味を持ってもらうには、恋愛心理学を上手に活用するのもひとつの手。そこで、心理学のテクニックを恋愛に利用する方法をご紹介します。

2017年3月
恋愛・結婚

恋愛心理学、どれくらい知ってる?

心理学も恋愛に利用できる♡

吊り橋の上で一緒にいると恋愛感情に発展しやすいと有名な”吊り橋効果”など、恋愛に関する心理学というのはたくさんあります。相手に興味を持ってもらうために、こういった心理学が使えるようなのです。

そこで、心理学のテクニックを使って、恋愛を進める方法を学んで彼の心も動かして。

1.意外な「褒め」で好印象GET♡

彼が気づいてない彼の魅力を褒める

相手に好印象を持たれたり、相手への好意を伝えたいなら、上手に褒めることが大切です。褒めるポイントとしては「相手が気づいていない魅力」こそが、褒められて最もうれしいことなのだとか。

たとえば「本当に聞き上手ですよね。ついつい話しちゃう」とか、「いざというとき頼りになるよね」とか。特に外見よりも内面を褒める方が相手に響くようです。

人間関係が上手くいく。“褒め上手”な女になろう♡

“褒め上手”になれば、人生が今よりもっと上手くいくようになります。ここでは、誰でも簡単に褒めるクセがつくステップをご紹介していきます。さっそく取り入れてみてください。
1908

2.第一印象が大事「スリーセット理論」

出会って3回までが重要

人は第一印象がそのままその人の印象になります。これは初頭効果とも言われています。1回目に第一印象を感じて、2回目で自分が感じた印象を確認し、3回目に印象を固定する「スリーセット理論」も重要。

気になる男性に出会ったときは、彼にどんな人と思われたいのかを考えて、3回目までそのイメージを貫きましょう。優しい人、のりが良い人、気が利く人…など。逆に嫌なイメージもついてしまうので気をつけて。

3.ギャップが魅力な「ゲインロス効果」

魅力はあえて隠してこっそり見せて

ギャップがあればあるだけ、その人が魅力的に見えるというのが「ゲインロス効果」。ゲイン=得るものと、ロス=失うものの差が大きいほど強い印象を残せるという心理学です。

記事に関するお問い合わせ