無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう「返信くれるか」なんてヤキモキしない♡思わず返したくなるLINEテク7選

好きな彼に思い切ってLINEをしたら「返信してくれなかったらどうしよう…」と悶々と待ってしまいますよね。そこで、彼が思わず返信したくなるLINEのテクニックをご紹介します。

2017年3月
恋愛・結婚

彼からのLINEの返信にドキドキ…

待っている不安を何とかしたい!

好きな彼とLINEをすると、どんな返信が来るのかドキドキしてしまいますよね。特に片思いであれば、返ってこないと「何か良くないことでも言っちゃったかも?」と心配になり、気が気じゃなくなります。

この恋愛のヤキモキをどうにかしたい! それなら返信が来やすいメッセージを送りませんか? 男性が思わず返信したくなってしまうLINEテクニックを学びましょう。

LINEの返信が来やすい5つのポイント

そもそもLINEが広がったのは、メールよりも気軽にできるから。好きな相手に送るとなると思いつめがちですが、明るく楽しくを心がけましょう! LINEの返信が来やすい5つのポイントを詳しく見ていきます。

①返信頻度とタイミングを合わせる
②長文はNG
③ノリを合わせる
④返事を催促しない
⑤彼がヒマそうな時間を狙う

①返信頻度とタイミングを合わせる

相手の返信を待たずにLINEを送るのは、せっかちな印象に。相手との返信頻度は合わせましょう。数時間後に返信が来たらこちらも数時間おいてから。すぐに返信が来たら、こちらもすぐに返信するなどタイミングも合わせて、「呼吸が合う」感を演出します。

②長文はNG

長すぎる文章は読むのが面倒だと思われたり、重いと思われる可能性もあるので、短文でスッキリまとめましょう。

③ノリを合わせる

スタンプで楽しく、短い文章でぱぱっと送信、長い会話も楽しみたい…などノリも合わせましょう。

④返事を催促しない

返事を強制すると面倒くさいと思われるので、あくまで相手に委ねて。

⑤彼がヒマそうな時間を狙う

彼が忙しいときにLINEしても返信は来ないので、手が空いてそうなときに送るのもポイントです。通勤時間や帰宅時間、お昼休みなどを狙うと、返信する確率も上がります。
では、具体的なLINEの活用法を解説します♡

1.以前話した内容の続きをする

「この前、話してたことなんだけど…」

「前に話した映画のことなんだけど」「昨日の続きでね…」というように、以前の会話を延長させるやりとりは、LINEでも盛り上がっている感じがして男性も楽しいようです。

また、ちゃんと話したことを覚えているのも好感度UPにつながります。「自分に興味があるのかな?」と相手が気にしてくれたら距離が近づくチャンスです。

2.相手の得意分野を質問

「あなたなら知ってると思って」

彼の得意分野について質問するのは、彼を頼るということ。「〇〇君なら詳しいこと、知ってるよね?」「あなたなら頼れると思ったから」とLINEをすれば、相手は頼られて悪い気はしないでしょう。

また質問だと相手も答えやすいという意味で、返信しやすいLINEと言えます。彼が得意な仕事や趣味について質問してみれば、実際に会ったときの会話にもつながりますよ。

3.体調を心配して気遣い上手に

「熱っぽかったけど大丈夫?」

体調を気遣うLINEもGOOD。「熱っぽかったけど大丈夫?」「風邪引いてない?」などさりげない気遣いに、男性はぐっとくるようです。ついあなたを意識してしまうかも。

4.“感謝”は今後の返信率UPにつながる

直接でもLINEでも「ありがとう」

何か彼にしてもらったらその場で感謝を伝えるのはもちろん、LINEでも伝えるとより気持ちが伝わります。仕事を手伝ってもらったら「今日は本当にありがとうございます。助かりました!」と改めて送ってみて。

いっしょに食事に行ったら、「今夜はありがとう。とっても楽しかったよ」とお礼のLINEを。感謝されると人はうれしくなるので、「また助けたい」「また誘いたい」と思います。今後のLINEの返信率UPにもつながるでしょう。

5.「あなたは特別」な本気の相談

「あなたにしか言えなくて」

たまになら楽しいだけではなく、シリアスな相談をするのも◎。「あなたしか頼れなくて」「〇〇君だから言うけど」と添えれば、彼は「自分を選んでくれた」という特別感に浸れます。

ただし、深刻な相談を何度もするのはNG。「またかよ?」と呆れられかねません。たまにだからこそ、二人だけの特別な関係性が築けるのです。

6.弱った自分もあえてさらけ出す

「ちょっと大変なことがあって…」

弱味を見せるのは、男性の庇護欲をかき立てることにつながります。「眠れなくてLINEしちゃった」「ちょっと大変なことがあってね…」など、たまには弱味を見せると、彼は「守りたい」と思ってしまうかも。

ただし、これも頻繁だと相手がネガティブな気持ちになり、あなたのLINEを見たくなくなってしまいます。たま~に弱った姿を見せることが、ギャップでキュンとさせることにつながるのです。

7.ズバリな恋愛について聞く

「今、好きな人いるの?」

仲良くなってから使える上級テクニックです。ズバリ、恋愛の核心を突きましょう。「好きな人いるの?」「どんな人がタイプなの?」と、質問してみましょう。

彼は「もしかして自分のことが気になってるのかな?」と、あなたのことを意識してしまうはずです。ただし、奥手な男性には「どう返信したらいいかわからない」と既読スルーされる可能性もあります。

LINEで彼との距離を縮めて

男性が思わず返信したくなってしまうようなLINEをご紹介しました。せっかくのツールであるLINEを上手に活用して、好きな彼との距離を近づけましょう。

記事に関するお問い合わせ