無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう「返信くれるか」なんてヤキモキしない♡思わず返したくなるLINEテク7選

好きな彼に思い切ってLINEをしたら「返信してくれなかったらどうしよう…」と悶々と待ってしまいますよね。そこで、彼が思わず返信したくなるLINEのテクニックをご紹介します。

恋愛・結婚

彼からのLINEの返信にドキドキ…

待っている不安を何とかしたい!

好きな彼とLINEをすると、どんな返信が来るのかドキドキしてしまいますよね。特に片思いであれば、返ってこないと「何か良くないことでも言っちゃったかも?」と心配になり、気が気じゃなくなります。

この恋愛のヤキモキをどうにかしたい! それなら返信が来やすいメッセージを送りませんか? 男性が思わず返信したくなってしまうLINEテクニックを学びましょう。

LINEの返信が来やすい5つのポイント

そもそもLINEが広がったのは、メールよりも気軽にできるから。好きな相手に送るとなると思いつめがちですが、明るく楽しくを心がけましょう! LINEの返信が来やすい5つのポイントを詳しく見ていきます。

①返信頻度とタイミングを合わせる
②長文はNG
③ノリを合わせる
④返事を催促しない
⑤彼がヒマそうな時間を狙う

①返信頻度とタイミングを合わせる

相手の返信を待たずにLINEを送るのは、せっかちな印象に。相手との返信頻度は合わせましょう。数時間後に返信が来たらこちらも数時間おいてから。すぐに返信が来たら、こちらもすぐに返信するなどタイミングも合わせて、「呼吸が合う」感を演出します。

②長文はNG

長すぎる文章は読むのが面倒だと思われたり、重いと思われる可能性もあるので、短文でスッキリまとめましょう。

③ノリを合わせる

スタンプで楽しく、短い文章でぱぱっと送信、長い会話も楽しみたい…などノリも合わせましょう。

④返事を催促しない

返事を強制すると面倒くさいと思われるので、あくまで相手に委ねて。

⑤彼がヒマそうな時間を狙う

彼が忙しいときにLINEしても返信は来ないので、手が空いてそうなときに送るのもポイントです。通勤時間や帰宅時間、お昼休みなどを狙うと、返信する確率も上がります。
では、具体的なLINEの活用法を解説します♡

記事に関するお問い合わせ