無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょこっと掃除がキレイの秘訣♡ 忙しい朝の「掃除テクニック」6連発!

お掃除は休みの日にまとめてするのもいいですが、何となく気が重いと感じていませんか?実は、朝の忙しい時間こそ、ポイントを押さえた「ちょこっとお掃除」がオススメ。いつもキレイで気持ちいい生活を送るための、お出かけ前にオススメしたい掃除術をご紹介します。

2017年3月
ライフスタイル

帰ってきたら、家が汚くてうんざり。

いつも掃除はしているのに、帰宅したら「あれ、こんなに汚れてたっけ?」と感じることはありませんか?特に、毎日使うキッチンや洗面所などの水回りは、汚れが目立ってしまうもの。

嫌いな家事として挙げる方も多いお掃除。できるだけ簡単に短時間で済ませたいですよね。今回は、朝の時間を上手に使って簡単に済ませられる、「ちょこっと掃除」についてご紹介します。

全部掃除しようとするからしんどい…

お掃除を始めると時間がかかったり、終わりが見えないなど、ネガティブなイメージを持たれがち。ちょこっと掃除は、いきなり全部やるのではなく、ひとつひとつ完結できる“ピース”に区切っていくというもの。

例えば汚れやすいトイレだと、便器の中をこすったり床掃除をするのではなく、フチや便座の拭き掃除だけであれば1分もかかりません。残りの掃除は、日を分けてちょこっとすればOKなのです。

短時間でお掃除を済ませられる秘訣は、今使える時間に合わせて「お掃除ピース」をチョイスすること。これなら、忙しい朝でも出来る気がしてきませんか?

お出かけ前のちょこっと掃除のコツ

1. キッチン:生ゴミの処理

帰宅したときに感じる生ゴミのモワッとしたニオイ。菌のエサにもなる生ゴミを放置しておくと、ニオイだけでなく三角コーナーや排水カゴなど、あとで掃除するものを増やしてしまいます。

朝出かける前に、生ゴミに生ゴミ用の消臭スプレーをシュッとかけて水気をしっかり切り、ポリ袋に入れて密閉できるゴミ箱に捨てるだけで、ニオイや菌が発生しづらくなります。

2. トイレ:便器のフチや便座の拭き掃除

尿の飛び散りを放っておくと、すぐに乾いてニオイの元になってしまいます。また、菌も増殖しやすくなるので、あえて汚れを探さず、掃除すると決めたところだけ、シートなどを使ってサッと拭いてしまいましょう。

トイレは目には見えなくても、汚れているものと割り切ることも大切。一気にトイレ掃除しようと思わなくても、毎日ピースに分ければあっという間ですし常にピカピカをキープできます。

シートは専用のものでなくても、トイレットペーパーをミシン目3つ分位で切り取り、手のひらサイズにたたみ、拭き取りクリーナーなどを2〜3回スプレーしたもので拭けば簡単でお手軽。

3. 洗面台:鏡を磨く

歯を磨こうと思ったら、洗面台の鏡に水滴や指紋がついているなんてことも多いはず。そんな時は、わざわざ洗剤で磨いたりせず、少しの水で湿らせたティッシュペーパーでひと拭きすれば水滴跡もつかないので便利。

4. 洗面台:ボール

洗面台でドライヤーを使うと、ボールに髪の毛がパラパラ落ちて、手で取ろうと思っても今度は手から取れなくてイライラした経験はありませんか?そのまま水で流すと、排水口で絡まってヌメリや悪臭の原因に。

こんな時は、髪の毛をティッシュペーパーで集めながらサッとひと拭きしましょう。ついでに排水口の水気も拭くとヌメリ防止につながります。洗面台の近くにティッシュペーパーを置いておくと意外と便利です。

5. 洗面台:歯ブラシで蛇口周りの汚れ取り

洗面台の蛇口周りも汚れが目立ちますよね。歯磨きをしながら、洗面台の汚れも一緒に掃除してしまうのがポイント。重曹水スプレーを蛇口にかけて、使い古しの歯ブラシで汚れをかき出していきます。

また、洗面台の水滴を残してしまうと、汚れの中の水分だけが蒸発して余計に汚れが取れにくくなるので、マイクロファイバーかティッシュペーパーなどで水滴を素早く拭きとりましょう。

6. 玄関:棚のホコリを取る

疲れて帰ってきた時に、玄関が汚いとドッと疲れが増してしまう気がしませんか?特に、玄関に棚がある場合は、ハタキなどでホコリを取るだけでもかなり印象が変わります。

少し余裕がある場合は、重曹水スプレーなどを吹きかけて水拭きすると、さらにピカピカに。鏡を置くだけで空間を広く見せることができるので、設置するといいでしょう。靴の整理整頓もお忘れなく。

気持ち良い空間をキープしよう♡

「朝の忙しい時に掃除なんてとんでもない!」と思っていても、これならできそうですね。お出かけ前のちょこっと掃除で、気持ちいい生活を目指しましょう!

記事に関するお問い合わせ