無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男の愛情はゆっくり冷める? 彼のときめきが続く女になる方法

長くお付き合いしていると、どうしてもときめきが薄れがちになってしまいがちです。それでも男性にずっと愛され続ける方法はあるのでしょうか?

2017年7月
恋愛・結婚

彼氏に冷められるのが怖い!

男性は、恋人や妻に対して一気に冷めるというよりは、徐々にゆっくりと冷めていく傾向があるようです。長くお付き合いしていると、彼はもう冷めてしまったのかと不安になることもあるのではないでしょうか?

pixabay.com

そこで、長いお付き合いとなっても男性に冷められず、いつまでも愛される方法について考え、実践してみませんか?ここではそんな方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①いつも同じでいない

いつも同じ髪型&メイク、いつも同じようなファッション、そしていつも代わり映えしない会話や話し方。そんな様子に、男性はいつしか飽きを感じ、ゆっくりと冷めていくのです。

www.pexels.com

そこで、時には違った自分を積極的に演出しましょう。仕事帰りのデートと週末のデートではメイクやファッションをがらりと変えたりするだけで彼は新鮮さを感じドキドキします。

www.pexels.com

状況に応じて、いたずらっぽく話し方を変えるのもおすすめです。同じあなたなのに、まるで別の女性と話しているような錯覚を覚えて彼は思わずときめいてしまいます。たまにはいつもと違った自分を演じましょう。

②声をかけることを怠らない

お付き合いが長くなったり結婚して長い期間が経つと、当たり前の声かけをしなくなってしまうことはありませんか?でもそれでは、まるで惰性で一緒にいるように感じてしまうことにもなりかねません。

「おはよう」「おつかれさま」などのあいさつや、ねぎらいの言葉、そして「ありがとう」という感謝の言葉は積極的にかけるようにしましょう。もちろん「好きだよ」「愛してる」の言葉もここぞという時には照れないで。

Photo by Marcelo Matarazzo / Unsplash

たかが言葉ですが、そういった声かけが全くなくなってしまったカップルはとても味気ないものです。声をかけるのは思いやり、そして存在のアピールです。お互いの存在が空気のようになってしまうのを防ぎましょう!

③スキンシップを大切にする

スキンシップは「慣れ」の要素が大きいものです。つまり、触れること、触れられることに疎遠になってしまうと、どんどん「もういいや」という気持ちになってしまい、突然触れられても拒否反応が出てしまいます。

www.pexels.com

そんなことを防ぐためには、やはり普段からスキンシップを大切にすること。お互いに触れられて心地良いと感じる状態を保てばセックスレスも防げます。いつまでも、触れ合えばときめきを感じるカップルでいましょう。

Photo by Matheus Ferrero / Unsplash

尚、スキンシップを取るなら親愛の情を交換するのも良いですが、やはり男と女であるということを実感出来るように意識することが男性の心を離さないためのコツです。エロティックに触れることも心がけましょう。

④彼の理解者になる

男性は、常に自分の理解者を求めているものです。それも、自分の愛する彼女や奥さんが理解者になってくれることが最高に幸せなのです。それなのに、彼のやることなすことをけなしたり咎めたりしていませんか?

Photo by Priscilla Du Preez / Unsplash

それでは彼の心は離れてしまいます。たとえ心から理解は出来なくても、理解したいという気持ちを持っていることは彼にも伝わり嬉しく感じるはずです。いつでも彼の一番の理解者でいたいという気持ちこそが大切です。

⑤彼の存在に感謝する

男性が徐々に冷めていってしまい理由の多くは、女性が傲慢になり過ぎることや自分の存在をないがしろにされていると感じることです。長く付き合っていることで傲慢になり過ぎていないか常に振り返ってみましょう。

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

そして彼をないがしろにするのとは逆に、彼がいてくれることそのものに感謝の気持ちをいつも忘れないでいることが大切です。男性は女性に感謝されればされるほど、ずっとその女性を守りたいと感じるものだからです。

いつまでも、彼の愛を独占♡

男性の愛はゆっくりと冷めるからといって、それが当たり前なのだと諦めてはいけません。女性の心がけと態度次第でいつまでも冷められず、それどころかますます愛が深まっていくのです。

www.pexels.com

あなたも早速これらのことを実践して、いつまでも彼をときめかせ、そしてずっと愛される女性を目指してくださいね♡

記事に関するお問い合わせ