無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新たな気持ちで春を迎えたい♡ 快適に過ごすための「春掃除」のポイント

4月から、ライフスタイルが変わるという方も多いのでは?新生活を迎えるために、普段よく使う場所を掃除や整理整頓をして、気持ちを引き締めてみませんか?見える部分をキレイにするだけなのに効果絶大な「春掃除」のポイントについてご紹介します。

2017年3月
ライフスタイル

衣替えはお掃除のチャンス!

3月に入って、いよいよ春めいてきましたね。暖かくなってくると同時に、そろそろ衣替えを始める方も多いはず。実は、この季節の変わり目の今が、普段手をかけられない場所をお掃除するチャンスでもあります。

例えば、クローゼットもその一つで、お掃除で汚れを取り除くだけではキレイにならない場所をご存知でしょうか?今回は、今の時期にオススメのお掃除場所とお掃除テクニックをご紹介します。

1. クローゼット

クローゼットや押入れはそれほどマメにお掃除をしない場所かもしれません。でも、洋服から落ちる綿ぼこりで意外と汚れています。中に収納しているものを全部取り出して、まずは隅々まで掃除機をかけてホコリを吸い取りましょう。

板の部分はキレイな雑巾で乾拭きをし、水が染み込みにくい化粧板などは住宅用洗剤をスプレーした布などで拭きましょう。扉を開けて掃除したところが十分に乾けばOK。風の通り道ができるように工夫しましょう。

着ている服を選別する

服を断舎離したいけどそこまで余力がないという場合は、服をクローゼットに戻す際に一緒に整理してしまいましょう。普段から着ている服を左側、着ていない服を反対の右側にかけていけば、開けた時に一目瞭然。

着ていない服が溜まってきて、何年も着ていないと分かれば後は思い切って捨てるだけ。いきなり断舎離する自信がない方におすすめの方法なので、ぜひ試してみて下さい。

2. 窓ガラス&網戸

窓ガラスは仕上げの新聞紙がミソ

雪や雨で汚れた窓ガラスや網戸も年末の大掃除ではなくこのタイミングに。窓ガラスが曇っていると、部屋の明るさにも影響してしまいます。土ぼこりなどの汚れがひどい時は、最初に雑巾で水拭きしましょう。

ガラス用の洗剤を全体に対して「Z」の形になるようスプレーし、なるべく毛羽立たない布で拭いていきましょう。最後に、丸めた新聞紙を使って仕上げ磨きすれば、拭き跡が残らずピカピカになります。

網戸は2つのスポンジで挟み込み

まずは、掃除機を使って編目についたホコリを吸い取りましょう。この時注意してほしいのが、網戸に力をかけすぎないことです。表面についた汚れを優しく撫でるように吸い取ることがポイントです。

記事に関するお問い合わせ