無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「センスいいね」と思われる女性に♡ ちょっとしたコツで“感性”を磨く5つの方法

「私にもう少しのセンスがあれば…」とため息ついていませんか? センス=感性は持って生まれた才能などではなく誰でも持っているもので、それを磨いているかいないかの違いって知っていましたか? 今回は、感性豊かになれる5つの方法についてまとめてみました。

2017年3月
カルチャー

3. 非日常を体験する

当たり前の日々に満足していると、変わったことにはどんどん手を出さなくなりますよね。これは感性を鈍くさせてしまうNG習慣です。日常とは違う非現実的な感覚を味わうことも、感性を磨くには大切なことなんです。

最も非日常を味わえるのが「旅行」。全身の五感を刺激されるだけでなく、旅行で得た経験は深く記憶に刻まれるはず。旅行は、感性を刺激する有効的な手段です。

4. 広く情報収集する

生きていく上で知識があればあるほど、どんなトラブルが起こってもリカバーできますし、生活に役立つことがたくさんあります。今は、ネットが普及したおかげで情報が簡単に収集できるようになりましたね。

しかし、興味のない情報をだらだらと読み流すというのは意味が違います。そこでオススメしたいのが読書。“興味はあるけど深くは知らない”程度のものを読むと、新しい発見をもたらし、記憶にも残りやすいでしょう。

5. 精神的な余裕を持つ

時間や締め切りに追われていると、視野も狭くなってネガティブなループに陥ってしまいがち。人はリラックスしている時ほど持てる力や才能を十分に発揮できる生き物なので、常に焦っていると感性も鈍ってしまいます。

「あ、今余裕ないな」と感じたら、おへそから指三本分下の下腹あたり(丹田)を意識して、深呼吸を繰り返しましょう。呼吸を繰り返すことで落ち着きを呼び戻し、ネガティブなことにも振り回されなくなります。

感性を磨いて美的センスをアップ♡

感性は元々持っている才能で決まるのではなく、誰でも持っている感覚。日々の生活で少し意識を変えるだけでも、感性はどんどん磨かれていきますよ。センスを高めたい方は、ぜひ試してみて下さいね。

記事に関するお問い合わせ