無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女として見れない、なんて言わせない!夫婦の「恋」を長続きさせる方法

「もう女として見られていない…」そんな辛い状況を脱却するためには、自分を変えることがいちばん!夫婦のためにいますぐできる対策をまとめてご紹介します。

2017年3月
恋愛・結婚

もしその答えがNOなら、夫婦の間に起こるマンネリはそうした単調な毎日の繰り返しが原因になっているのかも。だからこそ今日から2人で新しいことにチャレンジしてみませんか?

とはいえ決して特別なことは必要ありません。「2か月に1回旅行に行く」「週1で一緒にお風呂に入る」など何でもOK!2人がワクワクできるものをチョイスしてみてくださいね。

③家での身なりに気を使う

家では夫の好みの服を着よう

結婚してからというもの、用事のない日はすっぴん・テキトーな服装で過ごしている…なんてことになっていませんか?でも本当は大好きな人と家でいる時間こそ、気をつかうべし!

なるべく家で着る普段着は、夫の好みに合わせてみましょう!とびきりのおしゃれをする必要はありません。リラックス感とちょっぴりセクシーさを兼ね備えた彼好みの服装で彼に毎日「イイ女だな」と思わせてみてくださいね。

④お小言はぐっと我慢する

彼を「男」として見ていないのはあなたかも

結婚生活の中では、彼のダメな部分が目につきがち。ついつい「脱ぎっぱなしにしないで」「早くお風呂に入って」などとお小言が多くなっていませんか?

そうした態度は男性にとって「男女の関係」を意識しなくなるきっかけに。時には言いたい気持ちをぐっとこらえてお小言を減らせば、きっと2人の関係はもっとあなたの望む通りになれるかもしれません。

自分が変わればもっとHAPPYに♡

女として見られるためには、自分自身の改革が必要!

ぜひ今回ご紹介したポイントを押さえて、2人の仲を深めるきっかけにしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ