無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東大卒ママ直伝!普通の子供でも頭がよくなる子育て方法

子育て
fizkes / Getty Images

子どもが失敗などをして注意する時も同様に、何がダメなのかを説明することが大切。怒られた嫌な記憶は、脳の動きを鈍くするのだとか。怒りたくなる気持ちをこらえ冷静に対応し、次失敗しないためにどうするか一緒に考えます。

子どもの「自分で!」を大切に

東大生のほとんどが、中学生以降「親から言われなくても自分から勉強していた」そうです。これは、自ら考え行動する力、が身についていたから。何でも親が決めるのではなく、子どもに考える機会をあげましょう。

Melpomenem / Getty Images

人は苦労をして得たものに喜びを感じるので、子どもも自分考えて取り組むほうが楽しいようです。自分で決めたことをきちんとやることで自信が育ち、さらなるステップアップが目指せるかも。

子どもにとって親は「見本」

親の行動や態度は、子どもが物事を判断するのに大きな影響力があります。そのため、親はブレないことがとても大事。日によってルールが変わると子どもは何を基準にすればいいかわからなくなるので、「今日は特別」はNG!

Choreograph / Getty Images

親自身も、一貫した態度と行動を。また、子どもは赤ちゃんのころから親の動作を真似しながら育っていきます。少し難しいことでも、親がまず見本をみせることで、子どもは早く習得できるのだそう。

日々のちょっとした取り組みでOK!

忙しい毎日を送るママやパパでも少しの時間でできることなので、「やらなくちゃ!」と気負わずに、子どもと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

「東大脳」を育てる3歳までの習慣

小学館

¥ 1,100

著/東大卒ママの会

商品詳細
「東大脳」を育てる3歳までの習慣
www.amazon.co.jp
商品詳細

今回紹介した内容をもっと詳しく知りたい方は、こちらの本をぜひチェックしてみて。育児のバイブルになること間違いなしですよ。

記事に関するお問い合わせ