無料の会員登録をすると
お気に入りができます

衣替えの季節! 賢い素材別のお手入れ&収納法お教えします♡

衣替えのシーズンが到来。でも、日によって寒かったり暑かったりと気温差が大きいこの頃、いつ冬物をしまうべきか悩んでしまいますよね。そこで、スムーズに衣替えができる段取りをご紹介。冬服をしまう前のお手入れや収納の仕方についても解説します。

2017年3月
ライフスタイル

衣替えって実際よくわからない...

少しずつ暖かい日も増え始め衣替えのシーズンがやってきました。しかし、衣替えのタイミングってよく分からないなんて方も多いと思います。また、衣替えの時に困るのが収納ですよね。

そこで知っておくと便利な衣替えの時期やお手入れと収納方法について簡単にご紹介致します。

衣替えの基本♡

衣替えを行う時期は?

衣替えの時期は一般的に、温度で決めると良いとされています。

気温が15℃を超えはじめたら

厚手のコートを着なくても外出ができるようになります。仕舞う物…ダウンコートやウールコートなどの冬本番のアウターまた厚手のセーターなど。出す物…春用のコートなど。

気温が15℃~20℃

一段と春らしくなり暑いと感じる日もあります。しかし夜は肌寒かったりするので要注意。
仕舞う物…最初に残しておいた薄手のカーディガンや冬物。
出す物…春用の服。

気温が20℃を超える日が続き少しずつ夏の訪れを感じる時期です。
仕舞う物…春物の一部長袖(夏場も室内はクーラーで寒いことがあるので羽織物など夏でも使えそうな長袖は残しておきましょう)
出す物…夏服に本格的にチェンジしましょう!

素材別のお手入れ方法

カシミヤ

着用後は柔らかいブラシで表面のホコリやゴミを払い毛並みを揃え、風通しのいいところで陰干ししましょう。その際、長時間吊るすと型崩れの原因になるので、できるだけ平干しにしてください。保管は防虫剤を入れて風通しの良い場所にたたんでおくのが良いとされています。

記事に関するお問い合わせ