無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女子旅で大ブーム!ワクワク心を満たしてくれる“香港女子旅”のススメ

今話題の女子旅スポット・香港。雑誌やテレビなどのメディアでも大きく取り上げられていて、大きな注目を集めている場所なんです。その理由と魅力を、実際に女子旅で香港を訪れた筆者がご紹介します♡

2017年3月
旅行・おでかけ

女子旅で大ブームの“香港”

今、若い女性の間でブームになっている旅行先“香港”。雑誌で特集が組まれたり、多くの人気モデルが訪れるなど、日本でも話題の絶えないホットスポットになりつつあります。

そんな香港ですが、同じアジアということは知っていても、詳しいことは知らないという人も多いはず。そこで今回は、実際に香港へ女子旅をしてきた筆者がその魅力とおすすめスポットなどをご紹介いたします!

①フォトジェニックな街並みが楽しい!

旅行の醍醐味といえば街歩き。日本では見ることのできない景色を楽しめるせっかくの機会、フォトジェニックで歩いているだけで楽しい香港の街並みをおすすめします!

香港では1本違う通りに足を踏み入れるだけで雰囲気ががらっと変わります。経済成長を感じさせる高層ビルの数々や、生活感にあふれる集合住宅など、とにかく様々な景色を楽しむことができるんです。

100万ドルの夜景!香港島の高層ビル

香港と言えば夜景!というイメージを持たれている方も多いのでは?香港島には大手の銀行ビルなどを中心にたくさんの高層ビルが並び、夜には「シンフォニー・オブ・ライツ」という光と音楽のショーが毎日開催されています。

明るい時間からライトアップが始まり、「これぞ経済成長!」と思わずにはいられないような光景に。もちろんショーの後もライトアップは続くので、日本では見ることのできないバブリーな景色を時間たっぷりに楽しめます。

Media?size=l
instagram.com

人気のフォトスポット!嘉咸街の壁画

最近人気のフォトスポットとなっているのが嘉咸街(グラハムストリート)にある壁画。カラフルだけどどこかレトロな雰囲気漂うおしゃれな壁では、多くの人が写真撮影を楽しんでいます。

写真を撮ることも旅の楽しみの一つ。一般道は自動車も通行するので、安全面に注意しつつフォトジェニックな壁画を是非カメラにおさめて。

大迫力!鰂魚涌の集合住宅

こちらも話題を集めているフォトスポット。集合住宅が観光スポット?と思うかもしれませんが、ここは映画「トランスフォーマー」のロケ地にもなった場所で、訪れればその迫力に驚くはず。

コの字型になったこの集合住宅は、カラフルな色合いとその生活感から、まるで異空間に迷い込んだかのような感覚に陥ります。ここでもたくさんの人が写真撮影をしていますが、人が生活している場所なのでマナーにはじゅうぶん配慮しましょう。

②パワースポットで運気をチャージ

日本以上に風水を重視している香港。大手企業の高層ビルなども、風水師の指導のもと開発されたものなんだそうです。風水が身近な香港に行くなら、是非パワースポットを訪れてみて♡

薔色園 黄大仙

香港の定番パワースポットである黄大仙(ウォンタイシン)。黄色と赤の提灯が印象的な本殿や、それぞれの干支をモチーフにした像など、寺院ながら見どころがたくさんあります。

中でも有名なのがよく当たると言われる占いブース。100軒以上の店があり、日本の雑誌でも取り上げられるほど話題なんです。看板に「日本語OK」と書かれたお店なら日本語で占いを受けられるので、お店に入る前によく確認を!

天后廟

香港島の南にあるカラフルなパワースポットが天后廟(ティンハウミュウ)。すぐそばにはビーチがあり、海の女神がいるとされていますが、他にも縁結びや金運など、縁起のいい像やモチーフで溢れている不思議な雰囲気を持つ場所です。

決して広くはありませんが、たくさんの個性的な神様がいるので様々な運気をもらうことができます♡愛と結婚をもたらすとされる神様「月老之喜神」は、石をなでるとご利益があるのだとか。女子旅に欠かせない良縁祈願もバッチリです。

文武廟

渦巻き状になった大きな線香が有名な文武廟(マンモウミウ)は、学業成就にご利益があるとされる香港最古の道教寺院。観光スポットとなっていますが、熱心に参拝する地元の人も多い歴史ある寺院です。

こぢんまりしていますが、有名な線香は大迫力。向かいにある公園もパワースポットと言われているので、参拝のあとは是非立ち寄ってみましょう。特に滑り台付近にパワーが溢れているなんて噂も!

③バリエーション豊富な美食天国!

美食都市と言われる香港。有名な飲茶や伝統的な中華料理はもちろん、イギリスの植民地時代に発展した西洋のお菓子なども楽しむことができ、グルメのバリエーションがとにかく豊富♡なかでも一度は食べたいおすすめをピックアップして紹介します。

香港と言えば!絶対食べたい本場の飲茶

香港グルメと言えば外せないのが飲茶。飲茶とは、お茶を飲みながら肉まんやエビシュウマイなどの点心を食べることですが、お茶を飲むことで味が混ざらず、すべての料理の味を楽しむという意味もあるのだとか。

飲茶は一般的にお昼すぎまでに食べるものとされています。最近では夜でも飲茶を楽しめるお店もあるようですが、絶対に食べたいならランチタイムがおすすめ。点心の種類も豊富なので、朝ごはんは軽めに、お腹を空かせて出かけましょう♡

小腹が空いたらエッグタルトを食べ歩き

ポルトガルから伝わったとされるエッグタルトは、タルト生地の香港式と、パイ生地のマカオ式に分かれています。専門店はもちろん、庶民的なレストランの店頭など、あちこちで売られているのを目にするはず。

小ぶりで食べやすいサイズなので、小腹満たしにはもってこい!香港式とマカオ式、両方買ってみて食べ比べするのもおすすめ。コーヒーをお供に食べ歩きするのも楽しそうです。

麺が選べる!地元の定番グルメ・麺料理

香港の地元グルメの定番と言えば麺料理。スープのあるものや炒めた焼きそばなど種類は様々。同じメニューでも麺が選べるものもあるので、滞在中に試しながらお気に入りを見つけてみて!

他にもお粥や丼物など、地元グルメ天国の香港。漢字表記は日本とだいたい同じなので分かりやすく、英語・日本語メニューを置いているお店も多くあります。自分の好みを探しやすいのも香港グルメの魅力の一つです。

香港に行きたくなってきた♡

どこを取っても魅力的な香港。女子のワクワク心を満たしてくれるものばかりです♡パッケージツアーでは3泊4日のプランが多いですが、2泊でも十分楽しむことができます。

香港へは日本からの直行便で5時間ほど。朝の便も多く出ているので、お昼に着いて1日目から楽しめるのも嬉しいポイントです。次の女子旅の行き先に迷ったら、ぜひ香港をご検討ください♡

記事に関するお問い合わせ