無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今までイッたことがない!セックスでイケるようになるヒント♡

「セックスでイったことがない!」「オーガズムを知りたい!」…。実はこのように頭を悩ませる女性は多いもの。毎夜、この問題について悩む女性のためにセックスでイケるようになるヒントをご紹介します。

2017年3月

セックスでイケるようになりたい!

「セックスでイッたことがない」「オーガズムを知りたい」…。話題にはのぼらないものの、このように頭を悩ませている女性は多いようです。女性の体は繊細にできているもの。イケないことはそれほど異常なことではないのです。

そうは言っても、イカせたがる男性が多いのも事実。女性も大好きな彼とのベッドタイムだからこそ、オーガズムを感じてみたいですよね。そこで、セックスのイクにまつわる秘密とオーガズムに達するためのヒントをご紹介します♡

受け身ではイケない

オーガズムを感じるためには、女性をイカせられるだけのテクニックを持つ男性とセックスしなければならないというわけではありません。では、女性がオーガズムを感じるためには、どうしたらいいのでしょうか?

女性の積極性が大切

Pin it
ピンもと: ohhcouture.com
20
74

男性に求められるがままの受け身でいては、オーガズムを感じることはできません。女性の側にもセックスに対する積極性が必要となります。

女性の体はとても繊細です。ちょっとした不安や不快感がすぐに体に影響し、感じられなくなってしまうことがあります。しかし経験の少ない男性はアダルトビデオのようにすれば女性が喜ぶと思いがちです。

大好きな彼とのセックスだからこそ、自分がどうされると気持ちいいかを伝えなければいけないのです。また不快感や不安も彼にきちんと伝えるべきです。女性が積極的になるべき理由はそこにあります。

Pin it
ピンもと: basicsandco.fr
1
298

気持ちよくなってしまうことを恥ずかしがったり、セックスすること自体を恥ずかしがってコミュニケーションが不足すると、どんどんオーガズムから遠ざかってしまうのです。

自分自身を知ることも大切

また女性がオーガズムに達するためには、ある程度の訓練も必要です。膣周辺は複雑に神経が絡み合い、人それぞれ感じる場所が細かく違います。セックスの刺激に慣れ、自分の感じる部分を知ることも必要なのです。

例えば自分自身に触れて、感じる場所を探してみたり、彼にどのように触れられた瞬間が快感につながるのかなど、自己分析することも重要なプロセスの一つなのです。

リラックスできるムード作り

彼に嘘をつかない勇気

Pin it
ピンもと: indiaearl.com
50
1
150

セックスするときの雰囲気もオーガズムには重要です。彼が喜ぶと思って、感じているフリをしてしまっていませんか? 感じている演技は自分を盛り上げることにもつながりますが、イクためのプロセスとしてはNG。

彼に嘘をつくことが当たり前になっていくと、セックスがどんどん憂鬱なものとなり、流れ作業へと変わってしまいます。演技をやめて、彼に嘘をつかない勇気を持つことが大切です。

Pin it
ピンもと: junebugweddings.com
11
42

セックスでもコミュニケーションが基本です。自分の体をあずけるわけですから、恥ずかしがらず彼とコミュニケーションをとるようにしましょう。また男性にとっても本当に女性の体を知るきっかけにもつながります。

嘘をつかないでセックスできるようになると、あなた自身も彼に本当の意味で心を開き、もっと素直に感じられるようになります。今までよりももっと気持ちのよいセックスができるようになるはずです。

リラックスこそ最高の近道

リラックスすることがオーガズムを迎えるために重要だということを、意外と多くの女性は知りません。しかし女性の体は少しの不安でも影響を示し、リラックスできないでいる状態ではオーガズムを迎えにくくなってしまいます。

セックスの最中に頭の中でどのようなことを考えているか思い返してみましょう。ムダ毛の心配や、実は彼の前戯が苦痛なこと、その他にも些細なことでも不安に思うことが頭を駆け巡ってはいませんか?

セックスが始まったら、彼とのセックスに集中してみましょう。不安なことがあるなら彼に打ち明けたり、優しく抱きしめてもらいながらゆっくりと丁寧に前戯をしてもらうなど、リラックスするように努めます。

何も考えず、リラックスして彼に身を任せることこそ、オーガズムへと自分を導く近道です。

彼とのセックスでオーガズムを得たい♡

いかがでしたか?オーガズムを感じるためには、大きなテクニックなどはあまり必要ありません。しかし女性が心地よく感じるためのプロセスがとても重要です。ぜひ参考にしてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ