無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「うまくいかない」から抜け出そう!自分を取り戻す5つのプロセス

いくら頑張っていても、自分ではどうしようもなく、辛く苦しいことが重なってしまう時期ってありませんか?そういう時は、「頑張らない」ことも必要。負のループから抜け出すヒントをご紹介します。

2017年3月
ライフスタイル

悪いことが重なってしまう時は

抱え込まないことが大切

誰だって、毎日を平穏に楽しく過ごしたいもの。だからこそ、毎日の仕事やいろんな雑務を頑張っているのに、悪いことが偶然重なってしまうことも、人生にはしばしばあります。

www.pexels.com

自分の力だけではどうしようもない時は、自分ひとりで抱えこまないことが一番大切です。周りの人に聞いてもらったり、書き出すことで吐き出したり。

www.pexels.com

周りの人に感情を共有してもらいながら、心を癒やしていく作業を続けていけば、気がついた時にはトンネルを抜けていることも。落ち込んでいる時こそ試してほしい、心の処方箋をご紹介します。

1.まずは落ち着いて「深呼吸」

静かな場所に身を置く

落ち込んだり、気が動転してしまっているとき、人は呼吸が浅くなりがち。それが続くと、体にも悪い影響がでてしまいます。

1人っきりになれる場所、あるいは自分が落ち着ける場所に身を置いて、鼻からゆっくり息を吸い、口をすぼめて、長く細く吐き出します。

この時、心配事や嫌な気持ちも一緒に吐き出すようにイメージするのも効果的。動悸が激しくなっているなと感じたら、意識的に深呼吸をしてみてくださいね。

2.いったん「頭の中をからっぽ」状態に

五感で香りや感触を味わう

思い詰めているときに、さらに「どうしよう」と思いを巡らせるのは逆効果。脳がますます疲れてしまいます。

Unsplash

その代わり、嗅覚や味覚、触覚など、五感を研ぎ澄まし活性化させることで、逆に心はしずまり落ちつきを取り戻します。

記事に関するお問い合わせ