無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メイクじゃ作れない!“幸福感”をまとう女になる5つの方法

とっても幸せそうで魅力的だと感じさせる女性。一体どんなことをすればそんな存在になれるのでしょうか。ここでは今日から心掛けたい5つのメソッドをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

2017年3月
ライフスタイル

幸せそうな女性って魅力的!

特別美人でもないけれど、何だか魅力的で男女問わずモテる。そんな女性、あなたの周りにもいませんか?

Pin it
ピンもと: photogrist.com
3
6819

彼女たちに共通しているのは“幸福感”があること!穏やかで満たされた表情と雰囲気が、人の心を魅了するのです。ここではそんな幸せオーラをまとう女性になるためのメソッドをご紹介していきます。

1、小さな幸せを見つける

幸福感をまとっている女性は、小さな幸せを見つけるのが得意です。天気が良いな、今日のコーヒーは美味しいな、御礼を言われたな。そんな些細なことに気づくアンテナと嬉しいと思える豊かな心を持ちましょう。

良いことなんて何もないと思っている人は、良かったことを毎日3つ挙げることから始めてみて。ノートや手帳に書き出しても良いですね。

2、人の幸せを喜ぶ

人の幸せを自分のことのように喜べる女性は、どんどん幸福感が増していきます。その幸せも丸ごと自分の幸せにしているのです。素直に喜べない人は、不幸オーラばかりが増えていってしまうかも。

Pin it
ピンもと: polyvore.com
82
356

誕生日や記念日など、周囲の人のお祝いごとをしっかり把握することも大切です。うっかり忘れてしまいがちな人は、手帳に書き込んでおきましょう。

3、深い呼吸を心掛ける

忙しくストレスの多い現代女性は、自然と呼吸が浅くなっています。それが余裕のない雰囲気を作り出す原因の1つに。そのままでは、幸福感からどんどん遠ざかってしまいます。

最低でも1日3回は、目を閉じて深呼吸をしてみましょう。頭がスッキリして、心も穏やかになっていきます。集中力を高めたいときにもおすすめです。

見た目も綺麗になる!?

深い呼吸をすることで、インナーマッスルが働き、血流もアップします。血色の良さは幸福感を作る要素になりますよね。

Pin it
ピンもと: tjdrysdale.com
16

しっかり習慣にすることでダイエット効果も期待できちゃいます。

1日10回の“深呼吸”でポッコリお腹を引き締め!正しい呼吸法を伝授

深い呼吸は心にも身体にも非常に良い影響を与えてくれるものです。ここでは、解剖学を学んだヨガインストラクターである筆者がそのメリットと正しいやり方をお伝えしていきます。ダイエット効果も抜群!ぜひトライしてみてください。
4735

4、人と比べないようにする

嫉妬や妬みを抱えている女性は幸せそうに見えません。どんなに内側に隠していても、表情やオーラに滲み出てくるものです。嫉妬に苦しまないためには、人と比べないようにすることが大事です。

Pin it
ピンもと: vintag.es
5

はじめは簡単ではないかもしれませんが、「私は私だから」と考えるクセを付けるようにしましょう!誰かと比べても心が疲れてしまうだけ。幸せオーラ溢れる女性は、人と比べるのはもうやめてしまっていますよ。

5、小さな目標をたくさん持つ

わくわくした気持ちを忘れない女性は、輝いて見えるものです。表情や目力も変わってきます!そこで大切なのが、小さな目標をたくさん持つことです。

Pin it
ピンもと: rishabhmalik.vsco.co
3
1914

大きな目標に向かって頑張ることも大切ですが、無理しすぎて周りが見えなくなっていませんか?小さな目標をクリアしていくことで、毎日がもっと楽しいものになります。

やりたいことリストを作ってみよう

目標と言うと難しく聞こえますが、素直に“やりたいこと”で大丈夫。やりたいことリストを作って、出来たらチェックしていきましょう。

Pin it
ピンもと: fave.co
175
1013

小さなことでも達成感を得て満足することで、満たされた雰囲気を醸し出せるようになれます。

休日が充実する♡50の“やりたいことリスト”を作ろう!

いつもの休日をより充実したものにするために、“やりたいことリスト”を作ってみませんか?書きだしてみると、やりたいことがたくさん増えていきます。お一人様だけでなく、デートにマンネリぎみのカップルや夫婦にもおすすめです♡ぜひ参考にしてみてください。
3857

幸福オーラでもっと輝く!

幸せそうな人と不幸そうな人、あなたならどちらの女性に憧れますか?日々のちょっとした心がけが、“幸福感”を放つことに繋がります。出来ることからでも始めてみてはいかがでしょうか。

記事に関するお問い合わせ