無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雨でも大丈夫!子どもが絶対喜ぶ今話題のPLAY! MUSEUMへいってきました!

旅行・おでかけ

皆さんこんにちは。

子育てアドバイザーの河西です。

今回は、6月にオープンしたばかりの「PLAY!  MUSEUM]へ遊びに行ってきました。場所は、立川の駅から徒歩5分にあるGREENSPRINGS内にある建物。

建物のコンセプトは、ずばり「発展途上」

開会式では、関わってきた方々から一言ずつお話があったのですが、中でも印象に残ったのは、「完璧な形でのスタートではなく、これから来る子どもや大人たちと作り上げていきたい。なので、作品を飾る時にあいた穴も次の展示では、それも“味”の一つとして展開していきたい! そんな思いを込めて作りました」と話す手塚建築研究所の手塚さんのお話。作り手だけでなく、来場した人たち皆で作り上げることにMUSEUMの意味があることを学びました。

この美術館は、常設展と企画展とで別れています。オープニングを飾る常設展は『はらぺこあおむし』でも有名なエリック・カール。企画展は「tupera tupera」さんが手がける展示です。

美術館に迷い込むような不思議な体験

上下左右どこを見ても楽しめるようになっています

「夢を見るときのように、現実との区切りや境目を作りたくない」と手塚さんが最初にお話をされていたように、MUSEUMは手前の入り口をくぐると「あれ? いつの間に?」というような感じで美術館の物語はスタートします。入り口から真ん中あたりにかけてはtupera tuperaさんの今までの制作された作品が並んでいたのですが、奥に行くと「観る」だけでなく、実際に体験して楽しむというコーナーや仕掛けが多く、子どもも大人も楽しめる世界が広がっていました。

観るだけでなく、皆で体験をして楽しむ

ここにある物は、ゴロ寝アートで使用することができるそうです(現在はコロナの関係上使用は不可)

特に面白かったのは、寝っ転がって自分自身が実際に楽しめるゴロ寝アート。赤ちゃんはおひるねアートは最近支流ですが、これは家族でも子ども同士でもカップルでも楽しめるような仕様になっています。

大きなアートが吊り下がっており、観るだけのものかと思ったら、実はその後ろに入り込むと、自分自身がアートの一部になるという面白い仕掛けも施されており、色々な楽しみ方があるなぁ…と思いました。

「日常にあるものを並べるだけでも子どもが楽しめる道具の一つになるということ。こうした発見が、大人の知識となり、家にあるもので何でも楽しめるようになれば」とtupera tuperaの中川さんもお話していましたが、まさにそのとおり。既成品のおもちゃにも良いところはありますが、無限に楽しめたり、創造性を養うという点でも、こうした体験できる作品は子どもの知識を高めることができそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ