無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疲れた日は1分でもOK!“寝たまま”鍛えるトレーニングメソッド

仰向けで寝た状態で行うトレーニングをご紹介していきます。気がついたときに取り入れてみてください。ながらトレーニングがしたい方にも最適です。全身の引き締めに効果がありますよ♡

2017年3月
美容

どこから見ても綺麗でいたい♡

ぽっこりお腹やたるんだ背中、垂れたお尻ではなかなか自信が持てないもの。トレーニングを取り入れて、360度美しい身体を目指してみませんか?

“寝たまま”身体を引き締める!

トレーニングにはいろいろあるけれど、立ったり寝たりと体勢を変えるのはなかなか面倒ですよね。ここでは仰向けのまま出来るトレーニングをご紹介していきます。

www.pexels.com

これなら、テレビを見ながらでも取り組めますね。疲れて帰ってトレーニングをしたくない時にも1分だけ行ってみてください。その積み重ねが大切なんです♡

“寝たまま”トレーニングにトライ

①シザーキック

主に下腹に効くトレーニングです。仰向けになり、背中全面を床につけます。手は楽に身体の横へ置き、手の平で床をとらえます。

腰が浮かないように気をつけながら、両足を30センチほどあげバタバタと上下に動かします。なるべく低い位置で行うのがポイントです。30秒×2回を目安に。

②サイドシザーキック

今度は、浮かせた足をパカパカと開き左右にクロスさせていきます。出来るだけ膝を曲げないようにしながら、リズミカルに行いましょう。

こちらも30秒×2セット程度行ってみてください。脚痩せ効果も期待できます!

③サイクリング

自転車を漕ぐように、足を回していきます。両足を浮かせたまま、右足の膝を曲げたときに左手を前に出します。お腹がぎゅっと縮まるのを感じましょう。脇腹引き締めにも効果がありますよ。

Pin it
ピンもと: arthritis.org
2

はじめは足だけでもOKです。余裕があれば、少し上体を起こして、手で膝をタッチするようにしてみてください。30回×2セットを目安にしましょう。

④ブリッジ

両膝を立てて足の裏を床につけます。足は腰幅まで広げましょう。腕は手の平を下にして、身体の横に楽に置きます。息を吸いながら、腰をぐっと持ち上げましょう。恥骨を天井に高く上げるイメージで。

ヒップアップ、背中の引き締め効果抜群!膝の間にモノを挟めば、内ももにある内転筋や骨盤底筋にも効いてきます。可能なら、手を組みぐーっと肩甲骨を寄せていきましょう。30秒キープ×2~3回行ってみて。

⑤レッグレイズブリッジ

ブリッジポーズに動きをつけ、より効果的にお尻の筋肉を使っていきます。片足を垂直に上げてから、腰を上下に動かします。下ろしたときは床すれすれでキープするように。

Pin it
ピンもと: oxygenmag.com
2
1

呼吸を止めずに行いましょう。腰に負荷がかかるので、違和感を感じた場合は無理はしないでくださいね。テンポよく左右各30秒×2セットずつ行ってみてください。

仰向けトレーニングでボディ改革♡

仰向けのまま出来るトレーニングは、覚えておくと便利です!ふと思い出したときやテレビのCM中などに、取り入れてみてください。その積み重ねが、あなたの身体を大きく変えてくれますよ♡

Pin it
ピンもと: queen.gr
4
記事に関するお問い合わせ