無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なりたい自分はメイクで叶える! あこがれ美人を作る「錯覚メイク」テク♡

今や空前の小顔ブーム。小顔になれるようなメイク法をあれこれ駆使している方も多いはず。しかし、小顔メイクをしているつもりでも、間違った方法でマイナスになっている場合も。今回は、目の錯覚を利用した小顔効果のあるメイク法をご紹介します。

2017年3月
メイク

錯覚を上手く利用して美しく♡

少しでも小顔に見せようと、メイクを自分なりに工夫している方も多いはず。しかし、知らないうちにデカ顔や太って見えてしまっていたら…ショックですよね。

www.beauty-navi.com

今すぐ痩せるのは難しいですが、目の錯覚を上手く利用してメイクをすれば、小顔に見えてより美しく見せることができます。今回は、錯覚マジックでなりたい自分になる方法をご紹介しましょう。

小顔が叶う錯覚テクニック♡

1. メイクで目を大きく見せる方法

メイクの方法で目を大きく見せることができるのは皆さんもご存知のとおり。二重まぶたや涙袋で目を大きく見せるのは、「デルブーフ錯視」の効果が働いているためと言われています。

Yuuki on Instagram: “2019/03/18💄 今日はcharlottetilburyのday eyes👀💕  こういう青みのある赤には 必ずゴールド合わせるから ピンク系だけでメイクするのが新鮮🐟 1番上はほんのりゴールドやけど🙆‍♀️  薄い色から濃い色を順番にのせただけの…”
instagram.com

左の二重になっている円と右の単体の円を比べてみると、左の方が大きく見えますよね。外側の円に影響されて、内側の円が大きく見えるという目の錯覚です。アイシャドウや涙袋を効果的に利用しましょう。

2. 横線の法則でなりたい目に

さらに、「ミュラー・リヤー錯視」を使った、目の印象を変える工夫です。この現象は、2本の等しい長さの横線の両端にそれぞれ向きを変えた矢印を加えると、実際は同じ長さなのに違って見えるというもの。

目を丸くしたい場合は、まつ毛にしっかりカールをつけてからロングタイプのマスカラを塗ります。目尻のアイラインは内側に丸く描きましょう。目頭部分から丸みを強調すれば、目がクリクリに。

www.beautylish.com

目を切れ長に見せたい場合は、目尻のマスカラを外側に流れるよう強調し、アイラインをスッと長く引きましょう。同じ目でも、切れ長の涼しげな目元を作ることができます。

ミュラー・リヤー錯視の効果を利用してアイラインメイクをする場合は、茶色のアイラインがオススメです。黒よりもラインがぼやけて見えるため、デルブーフ錯視とミュラー・リヤー錯視のどちらの効果も得ることができます。

記事に関するお問い合わせ