無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつも仲良しでいるために♡大人カップルでいるための5つのルール

ついつい険悪ムードになってしまう時期ってありますよね。そんなときにちょこっと意識したい5つのルールを提案します。毎日できるものばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね!

2017年3月
恋愛・結婚

険悪ムードはもう嫌!

ちょっとした行き違いなどから険悪ムードになってしまうことってありますよね。しかし、それを少しの努力で防げるとしたら素敵だと思いませんか?今回は彼と仲良しでいるためにできる5つのルールのご紹介です。

あなただけが意識するのではなく、彼と一緒にルールを守ることでよりカップル間の絆が深まります。ぜひふたりで協力して一歩大人なカップルを目指してくださいね。

1. 口調を荒らげない

疲れていたり機嫌が悪くなることは人間誰しもありますよね。特に喧嘩をしているときは口調が荒っぽくなりがちです。彼に女性として見てもらえるように、口調には最大限の気遣いをしましょう。

どんなに素敵な彼でも、荒っぽい言葉で怒鳴られたりするとちょっと幻滅してしまうこともありますよね。それと同じく、男性も女性にはいつでも優しい言葉遣いでいて欲しいと願っています。

女っぽさは言葉から

恋愛対象の女性の口から出る言葉が乱暴だったらちょっと残念だなと思ってしまうのが男心です。例え喧嘩中でも、男性の前では女らしく優しい言葉遣いを心掛けましょう。

「〜しねーよ」「〜だ」といった男性的な語尾にも注意しましょう。既に癖になってしまっている方は、少しずつでも改善してみましょう。

イイ女は言葉遣いも美しい♡気を付けたい5つのNGフレーズ

見た目はとっても綺麗なのに、汚い言葉遣いにがっかりしてしまう人たまにいますよね。 もしかしたら、自分も誰かをがっかりさせているかもしれません。そんながっかりを回避させてくてる美しい言葉遣いを少しだけ意識してみませんか?
1757

2. お願いするように話す

先程もお話したとおり、男性は女性の言葉尻を聞いていないようでちゃんと聞いています。そして女性らしい言葉遣いを求めています。彼に直してもらいたいところがある場合などは、お願いするように話してみましょう。

機嫌が悪いときや喧嘩をしているときはつい強めの口調になってしまい、「どうしてもっとこうしてくれないの!?」「〜してよ!」となってしまいがちですよね。まずそこを見直してみましょう。

「悪いけど、こうしてもらえると助かるな」

決して声を荒らげずに、普段の会話をするトーンで「ごめんね、こうしてもらえると嬉しいよ」とお願いするように伝えてみましょう。彼も素直に意見として聞くことができるはず。

記事に関するお問い合わせ