無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『ゆで卵』がお洒落なおつまみに変身!簡単レシピをご紹介♡

食卓の身近な存在である『ゆで卵』。一手間加えるだけで、とても華やかなおつまみに変身するんですよ。ホームパーティーでのおもてなし、あともう一品欲しい時にも大活躍。ゆで卵の上手な茹で方も併せて、レシピをご紹介いたします。

2017年4月
レシピ

ゆで卵がお洒落なおつまみに!

食卓の身近な存在である『ゆで卵』。殻をむいて塩をちょっと振りかけて食べるのも美味しいですが、一手間のアレンジを加えて、お洒落なおつまみに変身させませんか?

まずは、卵の上手な茹で方からご紹介いたします。

卵の上手な茹で方

①生卵を常温に戻す

photo by kansugi

まず、生卵はざるや器に移し、常温に戻しましょう。この一手間で、茹でている間に卵の殻が割れにくくなります。

②沸騰したお湯で7分間ボイル

photo by kansugi

鍋にたっぷりの水を注ぎ沸騰してから、卵をそっといれます。弱火〜中火くらいの火加減で7分間茹でましょう。

③冷水に浸す

photo by kansugi

茹で上がった卵はすぐに冷水に浸します。卵の身が冷たさによって収縮することで、殻と膜に隙間ができ、グンと剥きやすくなるんです。

④水の中で殻を剥く

photo by kansugi

卵の殻を剥くときは水の中でが鉄則。水が潤滑油のような役割を担い、するすると剥けます。

お洒落おつまみの作り方

①茹で卵を半分に切る

photo by kansugi

茹で卵は半分にカットしましょう。熱いお湯をくぐらせた包丁で切ると表面が綺麗にカットできますよ。

②黄身をくりぬいて味付けする

photo by kansugi

卵の黄身だけをくり抜きましょう。卵を手で軽く反らすと黄身がぱかっと外れます。くりぬいた黄身はボールにまとめ入れます。

④味付け

photo by kansugi

くりぬいた黄身に、マヨネーズ、にんにくチューブ、塩胡椒(全てお好み量)を軽く振り味付けします。スプーンでよくかき混ぜてください。

④黄身を白身に戻す

photo by kansugi

味付けした黄身を、スプーンにとり白身に戻します。ティースプーンや菜箸を使うと綺麗に盛れますよ。

完成!

photo by kansugi

お好みでバジル、ブラックペッパーを振りかけて完成です!木製のカッティングボードやスレートプレートに盛り付けると、お洒落な趣に。

絞り口を使うのも◎

マヨネーズの量を多くして、絞り口を使うとデザートのような華やかな見た目になります。よりゴージャスに仕上げたい場合はオススメです。

アレンジレシピ

基本を覚えればアレンジは無限大!嗜好に合わせて様々にアレンジしてみてください。

野菜入り

oceans-nadia.com

茹でた野菜をミックスすれば、カラフルな見た目に。栄養バランスも良くヘルシーに仕上がります。

レシピ

ゆで卵をピンクに

oceans-nadia.com

卵自体をピンク色に!春にぴったりのアレンジですね。ピンク色の正体はラディッシュ。着色料を使わなくても、鮮やかな色合いに。

レシピ

サーモンとクリームチーズ

黄身のかわりにクリームチーズを盛りつければ濃厚な味わいに。ワインと相性抜群。スモークサーモンとベビーリーフを乗せて、見た目も華やかに。

いくら乗せ

いくらを乗せればゴージャス!大きめのスプーンを器にすれば、一口サイズのおもてなし料理が完成です。

ゆで卵をドレスアップ♡

卵に一工夫を加えるだけで、華やかなおつまみに変身!とても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね♡

脱・定番!お弁当が楽しくなる「卵」で作る簡単おかずレシピ

お弁当のおかずにぴったりな卵で作る簡単おかずを集めてみました。定番の卵焼きにマンネリ気味だという方は、早速取り入れてみてください。隙間を埋めたい時にもおすすめです。
3171

みんな大好き!じゃがいもの簡単レシピを集めました♡

食べやすくて好き嫌いが少ないじゃがいもを使って、簡単に時短レシピで夕食のおかずを一品増やしてみませんか?食べやすい新じゃがも出てきはじめたこの時期、楽しく料理しましょう♡
3082

こんな発想なかった! おにぎりの底力に驚くレシピ8選

美味しいおにぎりは、いつでも食べたくなります。そんなおにぎりの色々なアレンジをご存知でしょうか。そんな発想あったの?と驚くレシピを集めました。ぜひ作ってみてください。
7047
記事に関するお問い合わせ