無料の会員登録をすると
お気に入りができます

賢く海外を楽しもう♡直行便でビューンと飛べる旅先ベスト5

貴重な時間を捻出して出かけた海外旅行、乗り継ぎでタイムロスしてしまうのはもったいない! 旅行大好きな筆者が、日本から直行便で飛べて思う存分満喫できる旅先をご紹介します。

2017年3月
旅行・おでかけ

海外旅行、効率よく楽しみたい!

トランジットでの時間ロスは絶対避けるべし

お休みを利用した海外旅行、せっかくの貴重な時間を飛行機の乗り継ぎで無駄にしてしまうのはあまりにもったいないですよね。

そこで今回は日本から直行便が就航しているオススメの旅先をまとめてご紹介いたします。

限られた時間を最大限有効的に使うためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

①:台北(台湾)

美食の街!2泊3日で十分楽しめる♡

東京から約4時間、大阪や福岡からは約3時間で到着する台湾は、週末にふらっと訪れることができるお手軽な旅先。

Pin it
ピンもと: pageaday.com
6

小籠包や魯肉飯、牛肉麺をはじめ、スイーツもマンゴーかき氷やパイナップルケーキなど日本でもすでに有名な美味しい食の数々をお手頃な値段で楽しむことができます。

Pin it
ピンもと: eater.com
17

また日本と同じく温泉文化やスパ文化が発達しているのも魅力の一つ。中国語や台湾語が話せなくても日本語や英語が通じやすいので、コミュニケーションも比較的スムーズで海外旅行初心者さんでも安心して訪れることができます。

②:オアフ島(ハワイ)

やっぱり外せない!フライト本数も豊富

JALやANAといった日系航空会社をはじめ、デルタ航空やハワイアン航空などからも直行便が出ているオアフ島は、数ある都市の中でも外せない海外旅行先の一つ。

湿気が少なく暖かい温暖な気候は、1年中いつ訪れてもリラックスできて疲れた心と体にエネルギーチャージができる場所です。

Pin it
ピンもと: emesre.com
36

そんなハワイでやっぱり楽しみたいのは美しい海や自然に触れ合えるアクティビティ。サーフィンやパラセーリング、スカイダイビングなど日本語OKなアクティビティが数多く存在しているので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

③:シンガポール

アジアの最先端!ショッピングが楽しい♡

今やアジアの最先端と言っても過言ではないシンガポールは、自然よりも都会でのライフスタイルが好き!という方にうってつけの場所。

富裕層が多く暮らすシンガポールには、ヨーロッパやアメリカの高級レストランやラグジュアリーブランドがたくさん進出し、連日賑わいを見せています。

もちろんそれらに加えて独自の発展を遂げたローカルショップやレストランも豊富。インフィニティプールのあるマリナーベイサンズやラッフルズホテルなど、滞在するのが楽しみになるホテルも多いので、恋人との旅行にもオススメです。

④:サンフランシスコ

流行発信の街♡3日あれば大満足できる!

ゴールデンゲートブリッジとヴィクトリア調の家が特徴的なサンフランシスコは、羽田・成田・関空と3つの空港から直行便が就航している旅先。

サンフランシスコは同じカリフォルニア州のロサンゼルスと比較して街がコンパクト。少ない日数で楽しめるのはもちろん、昔から移民が多く、各国の文化やヒッピーカルチャーなどが混ざり合ってできた多様性溢れる街に圧倒されること間違いなし。

また少し足を伸ばせば、ワインの産地として有名なナパやソノマ、また近年「西海岸のブルックリン」とも呼ばれるオークランドなど魅力的な都市もたくさん。新しいアメリカを肌で感じることができる旅先です。

⑤:パリ

直行便なら時間のロス無し!夏におすすめ

サンフランシスコと同じく、羽田・成田・関空から直行便が出ているパリは、ヨーロッパになるべく早く行きたい時にオススメの旅先。

Pin it
ピンもと: galmeetsglam.com
1
5

エッフェル塔や凱旋門、ヴェルサイユ宮殿などの有名観光地はもちろん、美術鑑賞やショッピング、美味しいレストランなどなど。コンパクトな都市の中に旅行の楽しみが全てが揃うのも魅力です。

Pin it
ピンもと: cntraveler.com
2
8

また、パリ市内から最も近いオルリー空港は、ヨーロッパ各国へのLCC便も豊富で2、3ヶ国周遊したい人にもとても便利。パリで観光を楽しんでから、スペインやイギリスなどにふらっとお出かけするなんてこともできちゃいます。

貴重な時間は現地で楽しもう♡

直行便を利用すれば、時間をロスすることなく滞在を楽しめるのが最大のメリット。

Pin it
ピンもと: cntraveler.com
1
1

ぜひ今年の連休は直行便の出ている旅先で最高に楽しい時間を過ごしてみませんか?

記事に関するお問い合わせ