無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「鼻の皮むけ」何とかしたい! 乾燥で化粧がのらない時のレスキューケア4つ

鼻の皮がボロボロめくれて、まともにファンデーションが塗れなかったり、隠そうとしてますますドツボにハマったり。乾燥が気になるこの季節に起こりやすいのが「鼻の皮むけ」。今回は、皮むけでひどくなってしまった場合の原因&対処法をご紹介したいと思います。

2017年3月
ビューティ

小鼻や鼻の頭がカサカサ…

きちんと保湿しているのに、鏡をみると鼻のあたりが乾燥して皮がめくれているということはありませんか?メイクのノリも悪くなるし、何より目立ってしまって恥ずかしいですよね。

特に、乾燥が気になる季節に増える、鼻の皮むけ。花粉症による鼻のかみすぎも原因と考えられます。今回は、こんなトラブルが起こる原因と、日頃のスキンケアで押さえたいポイントについてご紹介します。

どうして鼻の皮ってめくれるの?

鼻のかみすぎ

花粉症のシーズンにマスクが手放せない方も多いと思いますが、鼻をかむ前後にケアをすることも大切です。鼻のかみ過ぎによる肌荒れは、摩擦による「擦り傷」を作っているも同然。

こまめな保護や保湿は基本中の基本ですが、鼻の荒れがつらい人は、鼻をかむ前後に保湿クリームを塗るだけで症状をおさえることができます。塗る量は、べたつかない程度のごく少量でOK。

お手入れのしすぎ

普段から毛穴の黒ずみや角質が気になる方は、毎日ピーリング洗顔を行っていませんか?また、テカリを気にしてしょっちゅうあぶらとり紙で皮脂をとっていたり。

鼻の毛穴は確かによく目立ってしまうのでケアにもつい力が入りがちですが、鼻の皮膚はとっても薄いので、過剰なお手入れは乾燥や肌荒れを招く元に。

洗顔方法が間違っている

洗顔する時、洗顔料をしっかりと泡立てずにゴシゴシと鼻をこすって洗っていませんか?もしくは、さっぱりしたいからといって熱めのお湯で顔をすすぐのも、鼻の皮むけを引き起こすのでNG。

急いでいる時は泡立てもつい雑になってしまいますが、お肌が敏感なときだからこそなるべく負担をかけない洗顔を心がけたいところ。しっかりモコモコに泡立てた泡で、やさしく洗いましょう。

皮むけを改善!4つのレスキューケア

1. 石鹸で顔を洗う

スキンケアで最も大切なことは、乾燥を防ぐ意味でも「皮膚のバリア機能」を高めること。洗顔フォームから天然成分で作られた石鹸にシフトチェンジしてみると効果が期待できます。

記事に関するお問い合わせ