無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言ってはいけないことがある。しつけでも子供が傷つく言葉10選

しつけのために子供に厳しい言葉をかけることもあるでしょう。しかし、なかには心を傷つけて、ずっと子供のトラウマになってしまう言葉もあるのです。そこで、傷つく言い方を柔らかくして、それでもきちんと諭せる言葉に変換しましょう。

2017年3月
ライフスタイル

子供のしつけ、傷つく言い方していない?

心のとげにならないように

子供のしつけというのは、ときに厳しくしなければならない場面もありますよね。叱るときに気をつけてほしいのが言葉。なかには子供の心を傷つけてしまい、大人になってからも忘れられない言葉があるようです。

そんな傷つく言葉を見直して、言わないように心がけましょう。

口にすべきでない言葉

1.「産むんじゃなかった」

子育てや夫婦、義実家のやりとりなど家庭での悩みは尽きません。「子供がいなければ」と思ってしまうこともあるかもしれません。それくらい追い詰められてしまうことはあります。

しかし、思ったとしても、子供本人には絶対に言ってはいけません。子供を否定することになりますし、子供も自分の存在を責めてしまうかも。子供を深く傷つけてしまいます。

2.「あなたが男の子だったら…」

「性別が逆だったら」という言い方もNG。言われたとしても、子供自身ではどうしようもないことです。子供が自分を責めてしまうことにもつながります。

3.「あなたがいなければ…」

「あなたのせいでママは好きなことができない」「あなたがいなければやりたいことができる」そんな風に子供に当たってしまったことはありませんか?「あなたがいなければ」なんて、大人が言われても傷つく言葉です。

子供の心にはその言葉のとげが深く突き刺さってしまうでしょう。自分がいることで母親が不幸になってしまうのだと、自己否定することにもつながってしまいます。

4.「大嫌い」

子供がいろんなことをやらかしてうんざりしてしまい、「あなたなんて大嫌いよ!」と言ってしまったことはありませんか?子供がしでかすのは、親からの愛情を確認したいから。愛されたいからこその行動なのです。

記事に関するお問い合わせ