無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着こなし残念さんの原因!パーソナルスタイリストが教える「骨格に合う服を選ぶと良い理由」

ファッション

着こなしが野暮ったい残念な原因とは?

ファッションに興味はあるけど、洋服が上手に着こなせない。私が着るとなんかダサく見えちゃう。そんな風に悩んだことはありませんか?実はそれ、“あること”が原因かも!

didecs / Getty Images

それは…「骨格」!自分の骨格に合わない洋服選びをすると、イメージしていた着こなしをできないことが。そこで、パーソナルスタイルストさんに解説をいただきながら、骨格について学んでいきましょう。

骨格に合わない服は“BAD”印象をもたらす

「骨格に合わない洋服を着ると、残念な見え方をしてしまうことがあります」と教えてくださったのは、パーソナルスタイリストの作田 麻衣子さん。作田さんは、月額制でスタイリストがコーディネートした洋服との出会いが楽しめるファッションレンタルサービス『airCloset(エアークローゼット)』のスーパーバイザーとしてご活躍されています。

Yuricazac / Getty Images

作田さんによると、骨格に合わない服を着ることで、

・スタイルが悪く見える
・垢抜けて見えない
・所帯染みて見える
・着心地が悪い
・老けて見える
・太って見える
・だらしなく見える

などなど骨格とアイテムの組み合わせによっては、マイナスな印象をもたらしてしまうことがあるそうです。

「私はハリ感のある服が似合うのですが、とろみ感のある服を着てしまうと、顔が大きく見えたり老けて見えてしまいます」(作田さん)

着こなし上手は、服×骨格のバランス上手

街で見かけてハッとさせられる着こなし上手さんっていますよね。そんな着こなし上手のポイントの一つが骨格とのバランス!

#auntierosaholiday サン
@arholiday 
透かし編みニットカーディガン
夏コーデ✨
タンクトップに羽織るだけで
可愛い😍
バッグもshoesも✨

tank#gu
denim#reedit
#wear更新 #locari#mamagirl #fashion 
#mineby3mootd #ママコーデ #ファッション#夏コーデ
instagram.com

「一人ひとり骨格や体型は異なりますが、自分の体のラインや特徴に合う素材、柄、シルエットなどを知ることで、最大限に美しくみせるスタイルを見つけることができます」(作田さん)

.
#コーデ
.
.
うひゃひゃ〜🙈💓
前からずっと気になっていたワンピースを
ついにお迎え✨
.
@mite__official .
✔︎original flare dress
.
.
このボリューム感たまらなーいッ🥺💓
めちゃめちゃ可愛いよ〜⤴︎⤴︎
.
.
合わせたいものが沢山♬
色々着回しが楽しみッ😋💕
.
.
.
------------------------------------
ワンピース  @mite__official 
バッグ @ludlow_official 
サンダル @vivian_collection_official ------------------------------------
.
.
.
#mite #ミテガール #ワンピースコーデ #viviancollection #vivianコーデ #vivianshoes #ママコーデ #ponte_fashion  #locari #mamagirl #mineby3mootd  #chao_app  #hukulabo #ootd_kob #ootd  #coordinate  #大人女子 #カジュアルコーデ  #プチプラコーデ #arine_ootd #30代ファッション #30代コーデ #listaコーデ #otojo30 #partegram
instagram.com

また、美しいスタイルを叶えるだけでなく、さらなる効果も期待できるとのこと。

「自分を美しくみせられると、自信を持てたり、堂々と振る舞えたりと自尊心の高まりも期待できます。結果的に、日々の充足感や周りへの好影響等その影響は計り知れないものとなりますよ」(作田さん)

自分の骨格を知るメリット3つ

①セルフイメージの勘違いに気がつくかも

自分の骨格に合う服を知らないことで、損していることもあるようです。

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

「例えば、街でタイトスカートをはいている人を目にして、“その方は“タイトスカートが似合わなかったとします。似合わない人を目にしたことで『タイトスカートはお尻や足が太く見える。だから避けよう』とあなたは思います。でもタイトスカートが似合う骨格の人もたくさんいます!あなたが避けているアイテムの中にも実は似合うものがあるかもしれません。街で見かけた人の印象からセルフイメージに勘違いが生じ、自分に当てはめて損をしている人も多いと感じています」(作田さん)

記事に関するお問い合わせ