無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美脚のためには鍛えるよりほぐすべし♡ 脚やせに効く前ももほぐし

やせにくい太もも。むやみに筋トレをしても、たくましくなってしまうこともあります。そこで、筋トレではなくマッサージやストレッチでほぐして細くする方法をご紹介します。

2017年3月
美容

足が太いのは前ももの張りが原因?

原因別にほぐしましょう♡

ほっそりとした太ももに憧れている人は多いのでは? でも、太ももはなかなか痩せないパーツです。痩せにくいのは、前ももが張っているからかもしれません。

前ももは鍛えるよりほぐす方がほっそり太ももが叶えられます。そこで、前ももがガチガチに固まってしまう原因別に、ほぐし方を学んでいきましょう。

原因1 筋肉太り

前ももは筋肉が付きやすい

運動していた経験がある人は前ももに筋肉が付きやすく、ガチガチに固まってしまうのです。脚やせに良いと言われているスクワットも、やり方を間違えると前ももの筋肉が発達して太くなってしまいます。

さらに、女性がよく履くハイヒールも前ももを張らせてしまう原因です。そんな筋肉太りな太ももはストレッチで筋肉をほぐしましょう。

簡単寝転びストレッチ

床に寝転びながらできる簡単な前ももストレッチです。

①足を前に伸ばして座り、両手を体の後ろ側に置きます。
②足をお尻側に曲げます。正座を崩した姿勢のように。

③手で支えながら上半身をできるところまで後ろに倒します。背中が床にぺたっと付いてもOK。
④その状態で30秒キープ。反対の足も行いましょう。

オフィスでもできるストレッチ

仕事の休憩中などにもさっとできるストレッチもあります。

①左手で、足首をお尻に引き寄せて。
②前ももの伸びを感じましょう。反対側も同じように。
※ふらつく場合は机や壁などに片手を置いてください。

バランスを取るのが難しい場合は、曲げている足の膝を椅子にのせて支えてもOKです。

原因2 反り腰

日本人女性に多い姿勢

腰が後ろに反れている反り腰は、前ももに力が入りやすく、太くなる原因になります。日本人女性には多い姿勢なのだとか。骨盤が前傾しているため、元の位置に戻す必要があります。そのために腸腰筋に注目。

腸腰筋は骨盤と太ももをつなぐ筋肉で、反り腰だと使われず固まってしまいます。この腸腰筋をほぐすことで、骨盤を元の位置に戻せるのです。

腸腰筋ほぐしストレッチ

①腕は肩の下に自然に伸ばして立ちます。
②片足を前に出して、膝の角度を90度に。
③前足に重心をかけて、後ろ足を伸ばすように。腰は後ろに反らさず、まっすぐにしましょう。
④そのまま腕を上に伸ばして10秒キープ。前ももとそけい部が伸びているのを感じましょう。
⑤反対の足も同様に行います。

原因3 セルライト

下半身は脂肪が付きやすい

脂肪を溜め込んで凸凹と固くなってしまうセルライトも、前ももが太る原因です。下半身は冷えやすく脂肪を溜め込みやすいので、しっかりともみほぐして流してあげましょう。

お風呂でもみほぐしマッサージ

おすすめなのはお風呂でのマッサージ。温めることでセルライトが流れやすくなります。膝からそけい部までしっかりともみほぐし、内ももの付け根にあるリンパ節に流してあげると、老廃物が排出されるでしょう。

前ももほぐしで美脚GET♡

太もも痩せは前ももからアプローチすることで、ほっそりとした美脚が叶えられそうです。鍛えたり運動するのも大切ですが、“ほぐす”ことも忘れないようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ