無料の会員登録をすると
お気に入りができます

絶品揃い♡通がわざわざ「お取り寄せする美味しいパン」6選

デニッシュ、ハード、天然酵母……。一言で「パン」といってもいろいろな種類があり、味わいもそれぞれ違います。あなたは何が好きですか? 日本全国、各地に美味しいパン屋さんがたくさんありますが、今回はお取り寄せしてでも食べたいパンをご紹介します。

2017年4月
グルメ

日本はパン王国♡

日本は「米」の国と言われていますが、パン屋さんの数は年々増えているんです。全国各地にこだわりの美味しいパン屋さんが軒を連ねています。とはいえ、美味しいパンを求めて全国各地を巡るのはなかなか難しい。

そこでオススメしたいのがお取り寄せ。電話はもちろん、ネットで注文できるお店もたくさんあります。今回は「取り寄せるなら、まずコレ!」と自信を持ってオススメできるパンとパン屋をご紹介します。必見ですよ♡

美味しい食パンが食べたい!

Media?size=l
instagram.com

毎日の朝食といえば、やっぱり食パンですよね。お店のこだわりとパン生地本来の味を一番感じることができるので、食べ比べてみるのも楽しそう。

①『乃が美』の「生」食パン

日本の美味しい食パン10本に選ばれた乃が美の「生」食パン。卵を一切使わず、代わりにはちみつを加えてほんのり甘さをプラス。トーストせず、何も付けず、「生」のままが一番美味しい食パンなんです。

Media?size=l
instagram.com

白い部分は驚くほどモッチリ。それなのに、口に入れるとフワフワフワととろけていくんです。耳はほんのり香ばしいキャラメルのような風味がしますよ。まず最初は、贅沢に手でちぎっていただいてみてくださいね。

Media?size=l
instagram.com

1斤が400円と食パンにしては少しだけお高めの値段ですが、一度食べると、このお値段に納得。自分へのご褒美や、お土産・差し入れなどの「お持たせ」として購入される人も多いそうです。

Media?size=l
instagram.com

乃が美(ノガミ)
電話:06-6773-6488(総本店)
電話:06-6362-1288(梅田御堂筋店)
受付時間:11時~18時
※お取り寄せは電話にて

乃が美

②『ボローニャ』のデニッシュ食パン 

京都祇園生まれのデニッシュ食パンで有名な「ボローニャ」。お取り寄せのイチオシは「デニッシュ食パン」です。そのままでももちろん美味しいのですが、絶対試してみてほしいのがトースト。

Media?size=l
instagram.com

シート状のオリジナルマーガリンを練り込んで焼き上げてあるので、軽くトーストするだけで、マーガリンがジュワッと溶けだします。「サクッ、ふわっ」のやさしい食感は、他の食パンでは味わえません。

Media?size=l
instagram.com

味の種類も豊富。プレーンやチョコ、抹茶の他、季節限定の味も登場するので、1年中ボローニャのデニッシュ食パンを楽しむことができます。

Media?size=l
instagram.com

ボローニャ
電話:03-5829-6256
受付時間:9時30分~17時30分(土日祝日除く)
メール:info@bologne-web.com
※お取り寄せは電話・サイトにて

ボローニャ

③『Pain de Singe』のとびばこパン

写真映えすると、Instagramでも話題になっている「とびばこパン」。その名の通り、昔懐かしい跳び箱の形をしている食パンです。「でも、見た目が可愛いだけでしょう?」と思ったら大間違い!

Media?size=l
instagram.com

ほんのり甘めの生地は、トーストすることでサクサクッとした口当たりに。それなのに口の中に入るとしっとりとした食感に変化。焼かずに食べればスナックパンのような味わいで、どんな風にいただいても100点満点!

Media?size=l
instagram.com

お取り寄せは、せっかくの可愛い形が崩れないように専用の跳び箱型ボックスに入っています。そのボックスも可愛くてコンプリートしたくなっちゃいますよ。

Media?size=l
instagram.com

Pain de Singe (パンドサンジュ)
電話:072-320-7257
メール:shopping@singe.jp
※お取り寄せはサイトにて

Pain de Singe

このフォルムにキュン♡可愛くて美味しい「とびばこパン」が気になる

今、SNS上で「何これ!」と注目を浴びている「とびばこパン」をご存じでしょうか。その名の通り、まさに跳び箱の形をしたパンなのですが、見た目の可愛さから一気に大人気商品になりました。
791

④『ペリカン』の食パン

昭和17年に東京・浅草で創業した「ペリカン」は、食パンとロールパンを販売するパン屋さんです。創業当時からずっと変わらない味に根強いファンが多く、地元の人や観光客で毎日行列ができるほど。

Media?size=l
instagram.com

食パンやロールパンの見た目はいたってシンプル。でも、食べてみるとわかるお店のパンに対するこだわりや主張。ホテルや喫茶店への卸しが中心ということからも、「プロのお墨付きの味」ということがわかりますね。

Dummy error 300x300
instagram.com

「毎日飽きずに食べられるパン」。これぞ、ペリカンのパンが愛される理由なんです。

Media?size=l
instagram.com

Pelican(ペリカン)
電話:03-3841-4686
受付時間:8時~17時
定休日:日・祝日・特別休業日(夏・年末・年始)
※注文は電話のみ。

ペリカン

美味しすぎる幻の食パン!老舗食パン専門店「ペリカン」って知ってる?

浅草にある老舗食パン専門店「ペリカン」をご存じでしょうか。古き良きおいしい食パンは、パン好きなら一度は食べてみたい逸品です。
1135

お取り寄せは食パンだけじゃない♡

Dummy error 300x300
instagram.com

その土地の食材を使ったご自慢のパンは食パンだけにとどまりません。食事パンや菓子パンなどもぜひ取り寄せてみましょう。食パンとは違った発見があるかもしれませんよ。

⑤『王様のパン』の鍋パン

お子さんのために焼き始めたパン。体に良いモノを、と追求して25年、今の「王様のパン」にたどり着きました。防腐剤を使わず天然酵母で焼き上げたパンは、焼き立てよりも2日ほど置いて熟成させた方が美味しいんだそう。

osamapan.com

だからこそ、「王様のパン」はお取り寄せがオススメです。焼き上げたその日のうちに発送されて、ちょうどおいしくなったころに届く、という仕組み。届いた日は、トーストせずそのまま手でちぎっていただくのがベストです。

osamapan.com

初めて焼いたパンが王冠に似てたということから店名が付いたという看板商品の「鍋パン」。直径が26cmもあり、まず見た目に驚くはず。

osamapan.com

いろいろな味の種類がありますが、どれも具がゴロゴロ。一度味わうと、他のパンが食べられないという噂ですよ。

osamapan.com

王様のパン(オウサマノパン)
電話:0166-54-8080
定休日:日・月・祝祭日
受付時間:9時~日没
メール:info@osamapan.com
※お取り寄せは電話・サイトにて

王様のパン

⑥『宗像堂』の石窯パン

沖縄のパン屋さんといえば、パン通なら「宗像堂!」と答えるほどの有名なお店。石窯で焼き上げるこちらのパンは“焼きたて”ではなく、パンの中のおいしい物質が落ち着いた“冷めたて”がおいしいと言います。

Media?size=l
instagram.com

温める場合、蒸し器で蒸すのがオススメなんだとか。ズシッとモチッ。「これぞ、宗像堂のパン!」と、他のパンとの違いを実感できます。フォカッチャはトースターで軽く焼くと表面がパリッとなって美味しいですよ。

Media?size=l
instagram.com

お取り寄せできるパンは、宗像堂ご自慢のパン詰め合わせ。苦手なものは相談することで抜いてもらうことも可能。沖縄の黒糖はもちろん、島で取れた小麦をふんだんに使った噛むほどに美味しいパンを味わって見てください。

Media?size=l
instagram.com

宗像堂(ムナカタドウ)
電話:098-898-1529
受付時間:10時~18時
定休日:水曜日
メール:order@munakatado.com
※お取り寄せは電話・サイトにて

宗像堂

全国のパンを制覇したい♡

今回ご紹介した6店舗はもちろん、全国にあるパン屋さんはそれぞれにこだわりをお持ちです。どんな状態で食べるのが一番美味しいのか、それはお店やパンごとに違うもの。でも、それを決めるのはあなた自身です。

Media?size=l
instagram.com

いつもはパクパクっと食べてしまうパンも、じっくり味わうと意外なおいしさを発見できるかも。ぜひ、全国のパンを食べ比べしてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ