無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お花を長く楽しみたい人必見♡”束ねて下げるだけ”のスワッグ入門

お部屋に花や緑を飾りたいけれど、ちゃんと育てる自信がない。かといって、生花だと短期間で枯れてしまう……。そんな方におすすめの「スワッグ」をご紹介します。

2017年3月
インテリア

植物のお世話が苦手な方にも最適!

お部屋にグリーンや花を飾りたいという方はとても多いと思います。でも実際は、忙しくてお世話をする時間がなかったり、慣れないためちゃんと育てられなかったりすることも多いですよね。

そんな方におすすめなのが、カットしたグリーンやお花を紐で結んで壁に飾るだけの「スワッグ」です。

ヴィンテージな雰囲気が魅力

「Swag(スワッグ)」とはドイツ語で「壁飾り」という意味。ヨーロッパでは昔から、リースやスワッグを、魔除けや幸福を呼び込むものとして飾る習慣があったようです。

Pin it
ピンもと: gardenista.com
35

もともとは壁や玄関にかけて飾るものですが、最近では、棚に置いたり吊り下げてみたりと、色んな飾り方で楽しむ方が増えています。アンティーク感漂う雰囲気が魅力の、インテリアアイテムです。

生花でも作れる花飾り

スワッグの魅力は、ドライフラワーはもちろん、生花でも作れること!切り花として2~3日楽しんだあと、あるいは、頂いた花束を記念にスワッグにしたりも可能です。

Unsplash

生花からドライへと変わる色合いを楽しめるのも、スワッグの大きな魅力の1つです。

スワッグに適した花材は?

基本的にはお好みの花材で作っていいのですが、長く気持ちよく楽しむためには、葉や花弁が落ちにくく、きれいにドライになりやすい花材を選ぶのもおすすめ。

スワッグに適していると言われているのは、ユーカリ、ワレモコウ、千日紅、ブラックベリー、スターチス、ケイトウ、バラの実など。お花屋さんでスタッフの方に教えてもらうのも、参考になっていいですね。

作ってみよう!

スワッグを作る際に用意するものは、お好みの花材、花切りバサミ、麻紐の3つだけ。必要に応じて、お好みのリボンなど加えてもOKです。

instagram.com

材料がそろったら、花材を長いものから重ねていき、最後に根元を紐で固く結んで、茎をカットして揃えれば完成!全体的に形が楕円形になるよう意識すると、バランスがよくなります。

記事に関するお問い合わせ