無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼の不機嫌どうする?「彼女・妻として正しいリアクション」を学んで♡

旦那さんや彼の機嫌が悪いとき、怒らせてしまったとき、対応を間違えると火に油を注ぐことになってしまいます。正しい対処法を学びましょう。

2017年3月
恋愛・結婚

彼が不機嫌、どうしたらいいの?

シーン別に正しいリアクションを解説♡

恋人や旦那さんと、ぶつかり合うこともあるでしょう。不機嫌になってしまったり、怒らせてしまったとき、どう対応してよいかわからず困ってしまう方も多いのでは?

実は彼女・妻として正しいリアクションがあるのです。そこで、不機嫌になってしまったシチュエーション別に、正しい対処法を解説します。

自分に原因があるとき

素直に謝るのが一番

彼を怒らせてしまった原因が自分にあるのだとしたら、そこは素直に謝りましょう。言い分があるとしても、「だって」「~だから」と言い訳してしまうのはNG。反省しているように見えません。

怒らせてしまった原因を改善することを伝えて、そして本当に申し訳ないと心から謝りましょう。ポーズだけではまた彼が不機嫌になるだけ。怒らせた原因を取り除こうとすることで、今後の不機嫌モードも減るでしょう。

彼の言葉をしっかりと聞く

不機嫌になるということは、彼にも言い分があるはず。それをしっかりと聞きましょう。途中で「でも」とか「それは」とか口を挟まず、まずは彼の気持ちを受け止めること。意見を求められたら返します。

自分の中で彼の言葉を反復して、彼が思っていることはこうなのかと自分なりの言葉で受け止めましょう。彼は気持ちを理解してもらえたと思えて、少し怒りも収まるはずです。

泣き出してしまうのはNG

涙を見せると許してしまう男性もいますが、「泣けば許されると思っている」とさらにイラつかせる原因になることもあります。感情があふれて、思わず泣いてしまうときもありますが、ぐっとこらえて。

話し合いが終わって仲直りできるまでは我慢。お互いが理解しあってほろっとこぼれた涙なら、彼もイラつきません。泣いて許してもらおうと思うのはNGです。

彼側に原因があるとき

記事に関するお問い合わせ