無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼の不機嫌どうする?「彼女・妻として正しいリアクション」を学んで♡

旦那さんや彼の機嫌が悪いとき、怒らせてしまったとき、対応を間違えると火に油を注ぐことになってしまいます。正しい対処法を学びましょう。

2017年3月
恋愛・結婚

彼が不機嫌、どうしたらいいの?

シーン別に正しいリアクションを解説♡

恋人や旦那さんと、ぶつかり合うこともあるでしょう。不機嫌になってしまったり、怒らせてしまったとき、どう対応してよいかわからず困ってしまう方も多いのでは?

実は彼女・妻として正しいリアクションがあるのです。そこで、不機嫌になってしまったシチュエーション別に、正しい対処法を解説します。

自分に原因があるとき

素直に謝るのが一番

彼を怒らせてしまった原因が自分にあるのだとしたら、そこは素直に謝りましょう。言い分があるとしても、「だって」「~だから」と言い訳してしまうのはNG。反省しているように見えません。

怒らせてしまった原因を改善することを伝えて、そして本当に申し訳ないと心から謝りましょう。ポーズだけではまた彼が不機嫌になるだけ。怒らせた原因を取り除こうとすることで、今後の不機嫌モードも減るでしょう。

彼の言葉をしっかりと聞く

不機嫌になるということは、彼にも言い分があるはず。それをしっかりと聞きましょう。途中で「でも」とか「それは」とか口を挟まず、まずは彼の気持ちを受け止めること。意見を求められたら返します。

自分の中で彼の言葉を反復して、彼が思っていることはこうなのかと自分なりの言葉で受け止めましょう。彼は気持ちを理解してもらえたと思えて、少し怒りも収まるはずです。

泣き出してしまうのはNG

涙を見せると許してしまう男性もいますが、「泣けば許されると思っている」とさらにイラつかせる原因になることもあります。感情があふれて、思わず泣いてしまうときもありますが、ぐっとこらえて。

話し合いが終わって仲直りできるまでは我慢。お互いが理解しあってほろっとこぼれた涙なら、彼もイラつきません。泣いて許してもらおうと思うのはNGです。

彼側に原因があるとき

「なぜ?」より「困る」が◎

彼が不機嫌になった理由がわからなかったり、自分には原因がないとき。「なんで怒ってるの?」「何かあった?」と聞きたくなりますが、嫌がる男性もいるようです。というのも、自分に否があるのを認めてしまうことになるから。

しかし、彼自身が原因のイライラをあなたにぶつけられるのもつらいですよね。そんなときは、理由を聞くよりつらさを伝える方が良いでしょう。

「今日は不機嫌みたいでちょっと怖い」「イライラされるとつらい」なんていうように。彼女が本当に大切な存在であれば、不機嫌になることで彼女を失うのは嫌でしょうし、むやみにイライラすることも減るでしょう。

彼の意思で話してもらう

不機嫌な理由や不満など、彼の意思で話すように促す手もあります。不機嫌だなと感じたら、「何かあったら聞くよ」と1度だけ言えばOK。何度も言うと、急かしているように感じられるのでNGです。

あとはいつも通りに接しましょう。普段通りにしていればいつか機嫌が直るかもしれませんし、最初の一言が効いて理由を話してくれるかもしれません。

そっとしておく

怒っていると何を言っても不機嫌にしかならないときもあります。そんなときには、彼に深く関わらずそっとしておくのが良いでしょう。

彼自身も当たりたくないのに、イライラして彼女にぶつけてしまうことを後悔しているかもしれません。怒りは触れずに冷めるまで待つのも一つの手です。

彼にも自分にも原因がないとき

冷却期間と距離を置く

お互いに原因がなくて彼が不機嫌なのだとすれば、冷静になれるまで少し待ちましょう。一緒の場にいるなら30分~1時間くらい。離れているなら1週間ほどあけても良いでしょう。

たとえば人間関係や仕事、日々のイライラの積み重ねで不機嫌になっているのだとすれば、怒りを落ち着かせる時間が必要です。そのための冷却期間と考えて、彼が落ち着くまで待つ方があなたのためでもあります。

お互いの価値観に歩み寄る

原因がわからなくてイライラされるのは嫌でしょうから、きちんと彼の機嫌について話し合うというのも手です。お互いの意見を言い合って、どちらかが我慢するのではなく、歩み寄りましょう。

Photo by frank mckenna / Unsplash

話し合ってみれば実はすれ違っていることだってあるでしょうし、価値観の相違も出てきます。それでも関係性を続けたいと思うなら、どうするのかお互いに考えるべきです。

知っておくとラクな最終手段

「不機嫌なときはどうしたらいい?」と聞く

不機嫌なときにどうしてほしいかは、人によってさまざまです。放っておいてほしい人もいれば、構ってほしい人もいます。あらかじめ、機嫌が良いときに聞いておくというのもありです。

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

「どうしてもイライラすることってあるよね。あなたが不機嫌なときは、どういう風にされるのが良い?」と聞いてみましょう。実際に不機嫌になったときは、言われたように対応すれば良いのです。

彼もあなたも穏やかなときを過ごして♡

大切な彼が不機嫌だとあなたも良い気持ちはしませんよね。彼に合った不機嫌を直すアプローチをして、楽しい時間を一緒に過ごしてほしいものです。

記事に関するお問い合わせ