無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結末が気になって眠れない!おすすめ推理小説10選

ドキドキ・ハラハラ感がたまらない推理小説。メディアミックスされることも多く「推理小説読みたいな」と思うことも多いはず。そこで、読書家さんからも高評価の推理小説を、厳選してご紹介します。

2017年4月
カルチャー

ついついハマる、推理小説

あっと驚くトリックやどんでん返しなどがあって、ドキドキ・ハラハラ感がたまらない推理小説。ドラマ化や映画化されることも多く、「推理小説を読んでみたいな」と思ったことって誰でも一度はあるのでは?

finda.photo

しかし、いざ読もうと思い立っても、人気ジャンルなだけあって作品数は膨大。そこで、読書家さんからも高評価の推理小説を、初心者さん向け~上級者さん向けに分けてご紹介致します。どれもおすすめ作品ばかりです!

初心者さんへ

「推理小説って難しそう」「読むのが疲れそう」と、なかなか推理小説に手が出せないでいる方におすすめの作品です。メディアミックスされた作品もあるので、映画やドラマ、アニメから入るのも良いですね。

1.『氷菓』米澤穂信

『氷菓』米澤 穂信

¥ 562

アニメ化もされた、大人気〈古典部〉シリーズの第1弾です。なりゆきで古典部に入部した折木奉太郎は、古典部の仲間に依頼されて日常の謎を次々と解き明かしていくことになるという、爽やかでほろ苦い青春ミステリです。派手なことが起こるわけではないので、推理小説をよく読む方には物足りないかもしれません。しかし、推理の説明などが丁寧で読みやすいので、推理物を普段読まない人でも気軽に手を出せると思います。実写映画化も予定されています。

商品詳細
『氷菓』米澤 穂信
www.amazon.co.jp
商品詳細
KADOKAWA 〈古典部〉シリーズ最新刊 公式ホームページ

2.『白ゆき姫殺人事件』湊かなえ

『白ゆき姫殺人事件』湊 かなえ

¥ 648

化粧品会社の美人社員が殺害され、週刊誌のフリー記者は独自に調査を始めるが…。インターネット上の炎上や報道被害をテーマとした、長編ミステリーです。SNSの書き込みや週刊誌の事件報道が「関連資料」として収録されており、そこまでしっかり読むとより楽しめるはず。映画化、漫画化されています。

商品詳細
『白ゆき姫殺人事件』湊 かなえ
www.amazon.co.jp
商品詳細

3.『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』太田 紫織

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』太田紫織

¥ 596

主人公の僕がとある事件をきっかけに知り合ったのは、古い洋館にばあやと2人きりで住んでいる「櫻子」さん。人間嫌いで、三度の飯より骨が好きな彼女は、なんと骨と死体の状態から、真実を導くことができるんです! 魅力的なキャラクターに惹かれる、ライトミステリー。法医学や骨にまつわるうんちくなど、ちょっとした知識も得られます。アニメ化に続き、2017年4月23日からドラマが放送開始予定です。

商品詳細
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』太田紫織
www.amazon.co.jp
商品詳細

4.『○○○○○○○○殺人事件』早坂 吝

『○○○○○○○○殺人事件』早坂 吝

¥ 886

アウトドアが趣味の公務員の主人公は、ブログで知り合った仲間たちと毎年行うオフ会のために孤島へ赴きます。しかし翌朝、参加者2名が行方不明になり、続いて殺人事件が起きてしまう。奇抜なタイトルと「タイトル当て推理小説」という斬新な発想が面白い、第50回メフィスト賞受賞作です。個性的な登場人物、展開の意外性が楽しい! いささかお下品だけど憎めない、愛すべき「バカミス」(おバカなミステリー)です。

商品詳細
『○○○○○○○○殺人事件』早坂 吝
www.amazon.co.jp
商品詳細

中級者さんへ

finda.photo

「読書はするけれど、推理小説を意識して読んだことはない」という方におすすめの作品です。密室で話が進んだり、ループものだったり、自分好みの推理小説を模索していくのも楽しいです。

記事に関するお問い合わせ