無料の会員登録をすると
お気に入りができます

花粉の季節!マスクの日も崩れない♡ 美人をつくるメイクの裏技7つ

「マスクをしたらメイク崩れするから」という理由で、ノーメイクで外出していませんか?実は、ノーメイクでのマスクは、人に見える範囲が狭いためメイクをしていないことが反対に目立ってしまいます。今回は、花粉の季節に役立つマスクをしても崩れないメイクテクをご紹介します。

2017年3月
メイク

マスクを取った時のメイク崩れが…

花粉症シーズンまっただ中で、マスクが手放せないという方も多いのでは?ただ、マスクをすると、朝バッチリメイクをしても蒸れて化粧がはげてしまうのが気になってしまいますよね。

だからといって、お勤めの場合スッピンにマスクはある意味殺人行為…!今回はマスクをとっても化粧崩れゼロにする、“落ちないメイク術”をご紹介したいと思います。

マスクをしても落ちないメイクの裏技

1. 化粧下地を使い分ける

マスクでメイクが崩れる原因には主に2つ。1つは呼吸による湿気での化粧のヨレ、そしてもう1つはマスクが当たることによる摩擦です。

摩擦の場合は普段通りのメイク法でも問題ありませんが、1番厄介なのが湿気。マスクで隠れる鼻や口の部分は、どうしても蒸れてしまい化粧が崩れてしまいます。

蒸れて化粧が落ちやすい鼻や口部分は、皮脂や汗を抑えてくれる効果のある化粧下地を部分的に使うのがオススメ。テカリ防止効果もあり、サラッとした仕上がりになるので1つは持っておくと便利です。

エテュセ バリアエッセンス 50ml

¥ 1,600

花粉やちり、ホコリなど、この時期気になる空気中の微粒子や紫外線からデリケートな肌を守る化粧下地としても使える美容液。紫外線吸収剤不使用で、敏感肌設計なのもうれしいところ。SPF35・PA+++。

商品詳細
エテュセ バリアエッセンス 50ml
www.ettusais.co.jp
商品詳細

2. ベースメイクは控えめにする

マスクをつける日のベースメイクは、ファンデーションをリキッドからパウダーに変えたり、メイクを薄めにするなどの工夫をすると、メイクの崩れやヨレを防止することができます。

特に、マスクが最もフィットする場所である鼻の頭と頬骨の部分は、ベースを薄くしておくのがポイント。いつもより気持ち薄めにするだけで、崩れを最小限に抑えることができますよ。

クラブ すっぴんパウダー ホワイトフローラルブーケ

¥ 1,600

ファンデがマスクに付くのが嫌な方におすすめの白色パウダー。肌の色ムラや毛穴を目立たなくし、ワントーンアップした素肌に見せてくれるので、お肌が敏感な時もコレ一つで十分カバーしてくれます。

商品詳細
クラブ すっぴんパウダー ホワイトフローラルブーケ
club.cosmeonline.com
商品詳細

3. アイシャドウは薄いブラウンで

マスクから漏れる息で崩れがちなアイメイク。もし、メイクが崩れた時、濃いアイシャドウをしていたら悲惨そのもの。また、寒色系のアイシャドウも、崩れると血色悪く見えがちなので避けるのがベター。

記事に関するお問い合わせ