無料の会員登録をすると
お気に入りができます

かさばるコートやセーター、どうしまう? 賢い衣替え&スッキリ収納法

衣替えの季節。コートのクリーニングや冬服のしまい方、正しいお手入れのこと、意外と知らない方も多いはず。今回は、キレイにたたんでもかさばってしまうコートやニットをスッキリ収納するテクニックと洗濯方法をご紹介します。

2017年4月
インテリア

春物への衣替えできてますか?

秋冬で大活躍した洋服から徐々に春夏ものへと衣替えしている方も多いはず。冬のセーターやコートなどは春夏は全く出番がないため、なるべく邪魔にならないように収納したいもの。

しかも、秋冬の衣類は生地が厚いので、春夏の衣類よりも収納するのがとっても大変。今回は、かさばりがちな冬物の服をスッキリ収納する方法をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

着る or 着ないの分類からスタート!

衣替えのタイミングで最も大切なのは「これからの季節で着るか、着ないか」をしっかり判断する作業。着るものは出し入れしやすいようにし、着ないものは次シーズンまで邪魔にならない場所に収納するのがポイント。

収納スペースはどうしても限られているので、“必要なものを必要な数だけ持つ”ようにし、今後着ない服のためのスペースは使わないのがスッキリ収納のコツ。

手放す服の目安は、着ていない歴3年。この期間全く袖を通していないという服は、今後もほとんど出番がないと思ってよいでしょう。冠婚葬祭用の数着を除いて、この際潔く手放すのをオススメします。

まずはキレイに洗濯!冬物衣類の洗い方

まずは収納する前に、冬物の洗い方からおさらいしましょう。クリーニングに出すのもいいですが、数が多いと出費がかさんでしまうので、なるべく自宅で洗ってしまいましょう。

セーター

ウール製品が多いセーターは、洗う前に洗濯表示をチェックしましょう。手洗いや洗濯機のマークがついていれば、自宅でも安心して洗えます。

洗剤はアルカリ洗剤ではなく中性洗剤を使いましょう。基本は手洗いで、洗濯機を使うときはネットにきちんとたたんで入れること。仕上げに柔軟剤を使えば、静電気を防止することができますよ。陰で平干しが鉄則!

セーターを洗う時の注意点

手洗いマークのものを洗う時は、汚れが目立つ箇所に洗濯洗剤を直接つけて、軽くたたいて前処理をするのが大切。セーターの伸び縮みを防ぐために水温30℃以下で、優しく押し洗いをして汚れを落としていきましょう。

洗濯機マークのものは、洗う時に水流表示に注意! 「弱」と書いてある場合は、洗濯機の弱水流コース、もしくは手洗いやドライコースを洗濯します。数字は水温の上限を表しているので、あわせてチェックしましょう。

記事に関するお問い合わせ