無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「忙しい」から抜け出せる! 時間上手さんがしている「24時間」の使い方

「忙しい」が口癖になっていませんか? 24時間は、どんな人にも平等に与えられているものですが、効率を考えて動いているつもりなのに、時間が全然足らなくて気力も体力も疲れ果てた毎日を送るのはツラいものです。今回は、時間を有効に使うコツをご紹介ます。

2017年4月
ライフスタイル

毎日とにかく忙しいんです…!!

「時間は作るもの」とはよく聞きますが、作りたくても考える暇さえなくて、日々やらないといけないことに追われていて、一日24時間が短すぎると感じてしまっている方も多いのでは?

時間を作るコツは、忙しい中でもちょっとした時間、隙間時間を有効に使うと言うこと。「時間がなくて忙しい」が口癖になっている方、必見の上手な時間の作り方をご紹介したいと思います。

悩み解決!時間を作る5つの方法

1. タスクを一度すべて書き出す

忙しいと言っている人のほとんどが、“自分が今何をすべきかどうか把握していない”ことが多いはず。これは、まず何から手をつけていいのか、そしてどこまでやればいいのかわからないといった恐怖心からくるもの。

私たち人間が感じる恐怖や不安感の原因は、「わからない」「先が見えない」といったものが大きく占めています。この気持ちを払拭するには、まず、自分が今すべきタスクをざっと書き出すのが一番。

書き出すことで、自然と自分の状況を冷静に見つめることができ、必然的に今やるべきことがあぶり出されていきます。忙しいがストレスになっている方にも、オススメの方法です。

2. 問題と思っていることに目を向けない

何か問題が発生した時、その問題と真摯に向き合って解決しようと努力しますよね。しかし、行動してみたもののいつまで経っても「結果」が出ないと、ただただ時間ばかりが過ぎてしまい焦ってしまうことも。

しかし、ここで大切なのは「今解決しようとしている問題が、解決すべき問題なのかどうか」ということ。思うような結果が出ずにイライラしているのも、精神衛生上、あまりよくありません。

こんな時は、一度その問題と思っている事柄から潔く離れて、ガラッと気分転換してしまうのがオススメ。考え方を変えて軌道修正すると、案外スムーズに事が動くことも結構多かったりします。

3. 全部完璧にやろうとしない

真面目な人に多いのが、明らかにスケジュールに間に合わなかったり、仕事量がパンクしているのに全部やろうと取り組んでしまうケース。優先順位もつけられていない中、すべてを全力でやるのは無謀ともいえます。

記事に関するお問い合わせ