無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんな景色があるんです! 死ぬまでに行きたい「世界の絶景スポット」10選

世界中にある知られざる絶景スポット。何となく知っているようで、実は知らなかったなんてことも多いのでは? 今回は、そんな数ある世界の絶景&秘境の中でも訪れるべきオススメのスポットをご紹介します。

2017年3月
旅行・おでかけ

世界の絶景&秘境が知りたい!

世界には、想像を超えた絶景がたくさんありますよね。全部を回りきるのは難しいかもしれませんが、ひとつでも世界の絶景を見てみたいという人は多いはず。

地球の風景とは思えないような自然の神秘や、人間の文化の歴史を肌で感じることができるような美しい町並みは、見ているだけで癒やされるはず。今回は、死ぬまでに一度は行ってみたいオススメの場所をご紹介します!

アンコール遺跡群(カンボジア)

世界三大仏跡の一つで神のオーラを感じることができる、まさに神秘的な場所。特に、アンコール・ワットの存在感に圧倒されるのは必至。アジアを代表する観光地の1つであり、日本人にも大人気です。

アンコール遺跡群の回り方は、まずアンコールワットからの朝日を拝み、アンコール・トム、タ・プロームを経て、夕日のころプノン・バケン寺院というコースがオススメ。日中はかなり暑くなるため、途中でホテル休憩をはさむのがベター。

マチュ・ピチュ(ペルー)

インカが残した謎の天空都市として知られるマチュ・ピチュは、尖った絶壁の山々がそびえるウルバンバ渓谷の山の尾根に広がっています。マチュ・ピチュとは、現地の言葉で「老いた峰」という意味だそうです。

マチュ・ピチュは都市遺跡だけでも5平方kmもあり、斜面には段々畑、市街区は神殿や居住区などに分かれているほか、周囲は城壁で固められています。これらに残された謎の多くは未だ解明されていないのだとか。

ウユニ塩湖(ボリビア)

神秘の塩の世界を体験できることで人気のウユニ塩湖。12~4月に雨季を迎え、塩の平原に薄く雨水がたまり「ミラーワールド」が一面に出現します。ウユニ塩湖に行くならこの時期がオススメ。

しかし、雨季だからといって必ずしも鏡張りの風景が見られるわけではなく、雨水がほどよく溜まりつつ、強風が吹いていない&雨が降っていない等の諸条件が必要となります。絶景を見られるかどうかは運次第?

記事に関するお問い合わせ