無料の会員登録をすると
お気に入りができます

失恋で心が苦しい。それでも恋してよかったと思える7つの事

恋愛に終わりが来てしまった時、辛くて苦しくてずっと寝ていたい。家から出たくない。そんな思いになる時もありますよね。それでも恋をしてよかった、そう思える7つの事をご紹介します。

2017年3月
恋愛・結婚

失恋をしてしまった

恋が終わってしまった時。辛くて苦しくて乗り越えるのは大変です。ともにすごした時間が長いほど苦しみは増すばかり。出かけるのさえ億劫になってしまいます。人に会うのも辛い…それでも恋をしてよかったんです。

悲しみから立ち直るには時間がかかりますが、恋をしてよかったと思えたら心は少しずつ元気になっていくはずです。

1.自分を心配してくれる人に気づけた

悲しみに浸っている中でも心配して声をかけてくれたり、見守ってくれる人。優しさが当たり前になっていた日常から、改めて大事な友人だと気づかせてくれます。友人だけではありません、親や兄弟、会社の同僚などもいます。

こんなに自分を心配してくれる人がいるんだと改めて知る事が出来ます。あなたが周りを大事にして来たからこそ、周りの人たちはあなたを心配し、気遣ってくれるのです。人の温かみに気づける事はすごく貴重です。

2.心の痛みを知る事が出来た

Pin it
ピンもと: flickr.com

失恋を経験しないと心の大きな傷に気づく事はありません。引きちぎられるような胸の痛み。辛くて辛くて苦しくて乗り越えられないと感じるほどの痛みです。でも傷は必ずいつか塞がるんです。今は無理でも。

この心の喪失感を経験した人は、痛みを知る事で優しく強く変わります。乗り越えられた自信がつけば何でも出来るような気持ちに変わるはず。今は悲しいけれど、人間の成長の時なのかもしれません。

3.自分には恋愛の他にも大切な事がある

悲しみに浸っていても、日常は待ってくれません。でもその忙しさが心を回復するきっかけになるのかも。恋が終わりそうな時は、どうしても恋に集中しがちです。その期間見えていなかった周りの事が見えはじめてきます。

Pin it
ピンもと: flickr.com
1
3

それは仕事だったり、趣味だったり、友達との会話だったり。少しないがしろにしていたものに目を向けてみましょう。他にも大切な事があると気づけたら、また1つ幸せがやってくるかもしれませんね。

4.体と心が繋がっている事に気付いた

心が疲れきってしまうと、眠れなかったり、イライラしたり、体調を崩してしまったりと様々な事が起こったりします。心が嫌だと思うと体もそう反応するからです。心と体は繋がっている事を実感するはずです。

という事は、体が喜ぶ事をしたら心も喜んで回復しようと思えてくるんです。不思議なもので、自分を大切にしようという気持ちが生まれてくると体も元気になって毎日が幸せに過ごせるんですよね。

5.もっと綺麗になれる事に気付いた

別れを経験し、心が疲れてしまった後、もっと綺麗になってやろうと思えたらもう新しい自分の始まりかもしれません。私なんかダメだと思ってしまってもいいんです。でもその後で、見返すぞと思えたら最高ですよね。

やりたかった事、外見磨きなんでもいいんです。今までとは違う自分になろうと思えたときには、悲しんで泣いていた自分ではなくなり新しい世界が待っています。失恋を繰り返して、女性は美しくなっていくのかもしれません。

何度でも新しくスタートを切れるんです

年を重ねるほどに臆病になってしまいます。平気なフリも上手になっていきます。でも辛い時は落ち込むだけ落ち込んで、また新しいスタートを切りましょう。恋をしてよかったと思える心まで、もう少しです。

記事に関するお問い合わせ