無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食欲旺盛だった猫が急に食べなくなったときの対処法5つ

食欲旺盛だった猫ちゃんが突然ごはんを食べなくなってしまうと、いったいどうしたんだろうと心配になってしまいますよね。今回は【猫の食欲がなくなった時の対処法】を5つ解説いたします。

ペット

1.受診する

猫には「食べムラ」がある

子猫~1歳の頃の猫は身体が急ピッチで成長する時期ですので、その食欲も旺盛なことが多いです。しかし、1歳を過ぎると身体がほぼ完成しますので食欲も落ち着いてきます。

猫はもともと「食べたい時に食べたいだけ食べる」という自由な食事をする動物ですので、食べたくない時にはフードを残してしまう「食べムラ」があることも珍しくありません。我が家にも食事の際に毎回半分ほど残し、少しウロウロしたりくつろいだりしてから再び食べ始める子もいます。

受診した方が良い場合

猫には食べムラがある子も多いので、1回ごはんを食べなかったという程度では病気かどうかの判断は難しいです。朝のごはんは食べなかったが、夜のごはんは全部食べることもあります。

しかし、

・子猫が半日以上食べない
・成猫が1日以上食べない
・ぐったりしている
・身体が熱い
・下痢や嘔吐がある
・血尿が出ている
・くしゃみや咳が出ている

などの状態の場合は何らかの病気の恐れがありますので、至急動物病院で受診した方が良いでしょう。

2.フードの見直し

特に体調不良の異変が見られない場合、もしかするとフードが気に入らなくなってしまったのかもしれません。猫は気分が変わりやすいので、急にフードが気に入らなくなって食べたくなくなってしまうこともあります。

無添加のフードは傷みやすいので注意しよう

また、フードの品質に問題が出ていて異臭がしていて、食べたくないということも考えられますので、フードの状態や消費期限などを確認してみましょう。無添加のフードは酸化防止剤や防腐剤が添加されているものより傷みやすいので、フードの消費ペースや保管場所の工夫が必要です。

3.食欲をかき立てる

一粒食べると食べ始めることも

我が家にも、最近ごはんの食べムラが出てきた1歳半ほどの猫がいます。その猫は他の猫たちがごはんを食べ始めても、他の猫の食べている様子をチラチラ見たり、自分のごはんを前にフリーズしたりしていることがあります。

その場合、フードを一粒手に乗せて与えてみると、やや乗り気ではない感じでポリポリと食べることがあります。しかし、一粒食べると食欲を思い出すのか、それからお皿のフードを食べ始めることも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ