無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頑張りすぎていませんか?「休む勇気」を与えてくれる名言12選

努力することは決して悪いことではありません。でも、心や体からのサインを見て見ぬふりして無理をしてしまうとなると、それは別問題。ちょっぴりお疲れ気味の方へ、人生には休息も必要なことを教えてくれる名言をご紹介します。

2017年3月
ライフスタイル

心、ちゃんと追いついてますか?

勉強にお仕事、恋愛に人間関係。理想を高く掲げている人ほど、現実とのギャップに悩み、自分を追い詰めてしまうことも少なくありません。

Pin it
ピンもと: playbuzz.com
23
185

自分の目標との距離、そして周りとの競争に疲れてしまったときは、勇気を出して一度立ち止まってみませんか? そして、人生において大切なものを、今一度思い出してみましょう♡

立ち止まることはマイナスではない

①自身のコンディションを見直そう

すべてはゆるすことから始まる、なぜなら、世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから。
マイケル・ジャクソン(米国のシンガーソングライター)

なすべきことがある時は、自分自身が満たされていることが必要です。迷いや後悔、苦しみがどこかに残っているのなら、まずは自分が癒される時間をとってくださいね。

②時には休むのも大切

練習したことによって試合当日に疲れを残してしまうのはマイナスです。大事なときに気力、体力ともにピークを迎えるには、休む勇気も必要です。
松岡修造(元男子プロテニス選手)

激しい試合や競技をこなすアスリートたちは、十分な準備期間と休息をきちんととっています。ジャンプする前はかがみこむように、飛躍する前のひと息を忘れずに。

③割り切ることも必要

何も出来ない日や時には、後になって楽しめないようなものを作ろうとするより、ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方がいい。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ドイツの作家)

行き詰ってしまった時は、そのままだらだら継続するより、思い切って間に休息をいれてあげると、脳も体も息を吹き返し、新たな視線で再スタートできることもしばしばあります。

④立ち止まって周りを見る

疲れた人は、しばし路傍の草に腰をおろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。
イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ(ロシアの文豪)
Pin it
ピンもと: api.shopstyle.com
2
35

つい周りのペースに巻き込まれてしまいがちな現代社会。でも実際によく観察してみると、人の歩みは皆似たようなもの。立ち止まるからこそ見えてくることも、たくさんあります。

自分のペースでゆっくりと

⑤急がば回れ

『歩く』という字は『少し』『止まる』と書く。急がなくていい、一歩一歩しっかり進んでください。
TVドラマ:「3年B組 金八先生」より

休まず歩き続けていると、足は疲れてそのうち止まってしまいます。時には休憩を取りながら、しっかり確実に歩いていくことこそ、人生には必要なのではないでしょうか。

⑥ゆっくりでも大丈夫

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。
孔子(中国の思想家・哲学者)

人には人の進むスピードがあり、そのスピードを必要に応じて操縦するのは自分自身です。急ぐ時、ゆっくり進むべき時。きちんと判断しながら、歩んでいきたいですね。

⑦競争ばかりしていませんか?

人生は人との競争じゃない。苦しくなったら立ち止まって、自分のペースで走ればいい。
松野明美(元マラソン選手)
www.pexels.com

人生を人との競争だけに費やしてしまうと、いつまでも全速力で走り続けなければいけません。その人にしか達成できない目標や成長を喜ぶことこそ、豊かな人生につながると思いませんか?

⑧のび太くんを見習おう!?

いっしょうけんめいのんびりしよう。
漫画「ドラえもん」より
girlydrop.com

慌ただしい生活を送っていると、「のんびりすること」に戸惑いを感じることもありますよね。でも、静と動、メリハリをつけて生活できる方の多くは、人生を謳歌しています。

休息を充足させてくれるものとは?

⑨気持ちよく眠れていますか?

快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれたやさしい、なつかしい看護婦である。
ウィリアム・シェイクスピア(英国の劇作家・詩人)

休息に「快い睡り」は欠かせません。人が平等に与えられた、最高の癒やしです。アロマや音楽、気持ちのよい寝具。最高の眠りの環境を用意することは、とても素敵なことです。

⑩心にも栄養を

いい映画、いい本、いい音楽は、私たち皆にとって、人生の時を刻んでくれるようなものだと思うの。食べ物みたいに栄養を与えてくれる。
ペネロペ・クルス(スペインの女優)

睡眠が身体の疲れを癒やしてくれるなら、心にパワーを与えてくれるものは?人によってそれぞれ違いますが、本や音楽、映画はその代表的なものと言えるのではないでしょうか。

⑪最近お散歩してますか?

最高の癒しは、長い散歩。足のリズミカルな動きが、頭にはった蜘蛛の巣を、きれいさっぱり掃除してくれる。
アン・ウィルソン・シェイフ(米国の学者・ヒーラー)

歩くことは、ストレス軽減に良いと昔から言われています。足を進めることだけに集中して、1歩ずつ確実に前へ進む。人間本来の“歩く”という何気ない動作が、邪念を除いてくれるんですね。

⑫古来リフレッシュが大事

時々、機会を見つけて外出しなさい。そして、リラックスしよう。外から帰ってくると、あなたの判断はより確かなものになります。いつも仕事にへばりついていると、あなたは、判断力を失ってしまいます。
レオナルド・ダ・ヴィンチ(ルネサンスの三大巨匠の一人)

頑張っている時ほど、その物事に執着したい気持ちは高まりますが、あまりに根を詰めると、正しい判断力を失ってしまうことも。大切に思うときほど、リフレッシュする機会を持つべきです。

しっかり休んでまた歩き出そう♡

時に立ち止まったとしても、それは長い人生の中のほんの1コマに過ぎません。大切なのは、生き急ぐことではなく、いかに自分らしく生きるかということ。時には勇気をもって立ち止まり、しっかり充電してくださいね!

pixabay.com
記事に関するお問い合わせ