無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう着る服に迷わない!すっきりクローゼットの作り方

心と時間に余裕をもつために、快適なクローゼットを目指してみませんか?ここでは押さえておくべきポイントをご紹介していきます。出来ることから、始めてみてください。

2017年3月
ライフスタイル

ごちゃごちゃクローゼットになってない?

洋服はたくさん持っているのに、何を着ていこうかと悩んでしまうあなた。ぎっしり詰まったクローゼットでは、心も乱れ、時間のロスにも繋がってしまいます。今すぐ見直した方がよいかもしれません!

www.pexels.com

ここでは、スッキリとしたクローゼットにするためのポイントをご紹介していきます。毎日の洋服選びがぐっと楽になり、ストレスも減らすことができますよ。

1 洋服を財産として扱う

お金をかけて買う洋服は、あなたの財産の一つ。そう考えてみると、安くてすぐにダメになってしまうものはふさわしくないですよね。長く愛せる、本当に気に入った服だけを買うようにしましょう。

www.pexels.com

これ良い!と思ってすぐに買うのはNG。あとで思い出すくらい必要だな、好きだなと感じたら買う癖をつけてみて。

バーゲンには要注意!

安くなっていたから、この値段ならいいかと買うのもやめましょう。着るかなぁ…と少しでも迷ったら買わないのが正解です。

Pin it
ピンもと: bungalow123.com
7
9096

5万円の服でも10回着れば1回あたり5000円です。似合わなくて1回しか着なかった5000円の服よりもずっと良いですよね。

2 必ず試着する

必ず試着をして、自分の体型や雰囲気に合っているかを確かめてから買うようにしましょう。試着室から出て、明るい照明のもとで大きな鏡で全身を確認することも忘れずに!

www.pexels.com

時間がないからとひと手間省くと、結局数回しか着なかった…ということにもなりかねません。時間に余裕を持って買い物に出かけましょう。

3パターン、着回せる?

自分が持っているアイテムに似た服も一緒に試着してみるのもおすすめ。例えばトップスが欲しいなら、タイプの違うパンツ2本、スカート1枚などと合わせて、3パターン以上着回せるかどうかを確認してみてください。

www.pexels.com

この時点でコーデが想像できていれば、毎朝の洋服選びもぐっと楽になります。おしゃれな人ほど試着の時点であれこれと考えているものです。

3 ひとつ買ったら、ひとつ捨てる

アイテムをひとつ増やしたら、ひとつ手放すようにしましょう。クローゼットの中の服の量を一定数に保つことが大切です。どこに何があるかも一目で分かるようになります。

www.pexels.com

こうした整理整頓をしていかないと、服は増えていく一方。ごちゃごちゃとした空間になってしまうのでご注意を。

1年着ていないものは不要!

1年以上着ていない服は、もう必要ないと考えましょう。痩せたら着る、こんな場面があれば着るという「タラレバ」でとっておくのは今すぐやめて。

4 流行アイテムは少しだけ

流行アイテムすべてを揃える必要はありません。こなれ感を出したいなら尚更のこと。自分のスタイルを軸にしつつ、上下どちらかのアイテム、もしくは小物で今っぽさを演出しましょう。

www.pexels.com

流行りもの=あなたを魅力的に見せるスタイルとは限りません。似合わないなと思ったら、流行に乗らないのもアリです。オーラのある女性ほど、自分のスタイルを確立していますよね。

5 見える収納にする

洋服が増えすぎてしまう人は、持ち物を把握できない収納になっている傾向があります。箱ではなく透明ケースを使う、日常使いのバッグや靴は見えるように並べておくなど工夫して、見える収納にしてみましょう。

ラックの場合、服が重なりすぎて見えなくなっていたら意味がありません。量を減らすように心掛けてみて。タンス収納なら引き出したときにすべてが見えるように、畳んだものを立てて入れましょう。

6 2か月に1回整理する

少なくとも2か月に1回はクローゼットを整理するようにしましょう。この時、眺めているだけで良い気分になるくらいお気に入りだけが揃っているのが理想です。

www.pexels.com

不要なモノはないか、詰め込みすぎていないか(シワの原因!)、防虫剤は切れていないか、クリーニングに出すべきものはないかなどを点検してみて。何か改善点も見つかるかもしれません。

快適な暮らしに欠かせないこと♡

クローゼットが片付きスッキリすると、毎日の快適度が変わってきます。洋服を選ぶ時間もストレスもなくなります!ごちゃごちゃクローゼットになっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ