無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「したいな♡」はこっそりと。彼に送りたいエッチOKサイン7選

「今夜はオトナな気分」と思っていても、女性から誘うのは少し恥ずかしいですよね。そこで、さりげなく彼を誘いたいときは、エッチOKサインを送りませんか?

2017年4月

二人きりの空間では大胆に

4.ボディタッチで距離を縮める

二人きりのときは、少し大胆になることで“お誘い”のサインを送れます。ボディタッチで距離をぐっと縮めれば、彼はドキドキしてあなたのことを意識してしまうはず。

ハグをして密着したり、彼に触れたり、寄りかかったり…。自分から積極的にいくのは苦手という人は手に触れましょう。手をつないだり、手の大きさを比べたり。触れることで夜のお誘いへの流れにもつながります。

5.自分からキスをする

自分からキスを仕掛けて、良いムードに誘い込むというのも◎。特に奥手な女性だったり、いつも男性からアクションを仕掛けるという関係なら、いつもとのギャップで彼はドキドキしてくれそうです。

6.酔って隙を出す

どうしても自分から誘うのが恥ずかしい人は、少しだけお酒の力に頼りましょう。お酒を呑むことでガードを解けます。いつもとは違って隙のある姿に、男性は色っぽいと感じてくれるようです。

ただし、あくまで「ほろ酔い」状態。泥酔していたら覚えてないかもしれませんし、お酒の力を頼ってしか誘えなくなってしまうので気をつけましょう。

7.彼のスキンシップを拒否しない

彼がスキンシップしてきたとき、かわしてしまっていませんか?オトナな気分なら、ちょっとしたスキンシップも拒否しないこと。受け入れるということは、彼に対して「いいよ♡」のサインになります。

そこから自分からのボディタッチやキスにつなげて、良いムードになって、あとは…流れに任せましょう。

今夜は自分から誘ってみない?

夜のお誘いはいろんな方法がありました。自分なりにしやすい方法を探して、オトナな気分の夜にこっそり彼を誘いませんか?

記事に関するお問い合わせ