無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「お体をご自愛」は間違い。「ご自愛ください」の使い方

ライフスタイル

「ご自愛ください」で締めくくられた手紙やメールの返信は?

対面していなくても、手紙やメールで気持ちが通じたと感じられるようなやりとりはうれしいものです。

相手から健康に配慮した一文が添えられていたら、返信する場合にそのことにちょっと触れるようにしたいですね。

仰々しくする必要はありません。「あ、伝わったな」と感じてもらえるような一言をさらりと添えるだけでいいのです。

・ご配慮ありがとうございます。
・お気遣いいただきうれしく思います。
・お言葉、ありがたく存じます。元気でやっております。
・お心にかけていただき、感謝いたします。
・ありがとうございます。〇〇様もお元気にお過ごしください。

敬意といたわりを言葉に託して、次につながるより良い関係を

仕事のできる人は大抵、手紙やメールの文章が秀逸です。無駄がないだけでなく、親しみやすさや気配りが感じられて、好ましいものです。

特に、結びの部分は「未来」につながる橋渡しのような役割もあります。時節の言葉と組み合わせて豊かに活用できる「ご自愛ください」を、上手に使いこなしたいものですね。

(前田めぐる)

※画像はイメージです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ