無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やさしい光に心癒される。薄紙で作る簡単ステンドグラス

キャンドルをステンドグラスのようなホルダーに入れて、いつもと違う雰囲気を楽しんでみませんか?さらに優しい明かりになりますよ。今回は、ラッピングなどに使われる薄紙でステンドグラスを作る方法をご紹介します。

2017年4月
DIY

キャンドルホルダーをアレンジ!

リラックスした夜に欠かせないのが、キャンドル。柔らかい光を見ていると、自然と心が落ち着いてきますよね。そのままでも十分に素敵ですが、たまには少しだけアレンジしてみませんか?

今回ご紹介する薄紙のステンドグラスは障子のように光を通すので、キャンドルの明かりをさらに優しくしてくれるんです。早速基本的な作り方をチェックしてみましょう。

紙製ステンドグラスの作り方

必要なもの

キャンドルまたはLED式キャンドル
薄紙(100均にもあります)
モッドポッジ
ガラス容器
ハサミ
筆または刷毛

モッドポッジが手に入らなければ、木工用ボンドを水で薄めて使ってみてくださいね。

木工用ボンドの上手な薄め方と塗り方

作り方

細長くした薄紙を小さく折り畳み、まとめてカットして小さな三角形を作ります。モッドポッジまたは木工用ボンドをガラス容器に塗り、三角を1つずつ貼りつけていきましょう。

重なってもOKなので、隙間なく貼ってくださいね。後で剥がれてボロボロにならないように、もう一度モッドポッジなどを塗ってコーティングしておきましょう。しっかり乾かしたら完成です。

アレンジしてさらにロマンチックに

カラフルな色使いで華やかに

同系色でまとめると優しい雰囲気に仕上がりますが、カラフルにすれば華やかさが加わりますよ。

ノスタルジックな水玉模様

薄紙の切り方次第で印象が変わるのも、紙製ステンドグラスの魅力です。丸く切って水玉模様にすれば、どことなくノスタルジックな雰囲気になりますね。

お花の形がフェミニン♡

お花を散りばめたキャンドルホルダーは、フェミニンで可憐な雰囲気が素敵。1枚ずつ花びらの形にカットするのは大変そうですが、薄紙なら重ねて切れるので意外と簡単です。

気分を変えたいときはハート柄♡

もっとインパクトが欲しいときは、思い切ってハート型にしてみてはいかが?キャンドルの光が柔らかいので、派手な色と柄でもキツイ印象にはなりません。

本物のステンドグラスをイメージして

Pin it
ピンもと: etsy.com
3

黒のアクリル絵の具や油性ペンで線を引けば、まるで本格的なステンドグラスのよう。全体の印象が引き締まるので、明るい色を使っても大人っぽく仕上がりますよ。

ペーパーナプキンを使っても◎

光が通るぐらい薄い素材であれば、どんな紙でもOK。綺麗な柄のペーパーナプキンなら、細かく切らずにそのまま貼ってもお洒落に見えます。

ハンドルを付けて持ち運び用に

ビーズを通したワイヤーを瓶に巻きつけておけば、持ち運び可能なアイテムに!寝室やお風呂はもちろん、夏になったらアウトドアでも使ってみたいですね。

キャンドルの光で心を落ち着かせて

忙しい日が続くと心に余裕がなくなり、イライラすることが増えてしまいますよね。そんなときは、5分でもいいのでキャンドルを灯してぼんやりしてみましょう。優しい光を見ていれば、きっと心癒されるはずです♡

記事に関するお問い合わせ