無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1週間で太ももにすき間が♡1日30回の“ナロースクワット”をはじめよう!

太ももを細く引き締めたいなら、ナロースクワットに取り組んでみませんか?丁寧に実践すれば1日たった30回でしっかり効果を実感できますよ♡

2017年4月
美容

太もものすき間、憧れます♡

細く引き締まった太ももになりたーい!

ほどよく筋肉がつき、キュッと引き締まった太ももは女性なら誰もが憧れる美脚の象徴!

www.pexels.com

とはいえ脂肪のつきやすい部位だからこそ、細く引き締めてさらにそれをキープするのは意外と難しいですよね。

早い人なら1週間で効果を実感♡

だからこそオススメなのが、太ももの全パーツに効果が期待できる“ナロースクワット”です。きちんと実践すれば、1日たった30回で早い人なら1週間で効果が現れる即効性が特徴的!

そこで今回はそんなナロースクワットの基本の実践方法、そして間違いやすいポイント、さらには応用までまとめてご紹介いたします。美脚を手に入れたい方はぜひ実践してみてくださいね。

基本のナロースクワット

太ももの全部位に働くから効果が高い!

まず最初は基本のナロースクワットを覚えるところからスタートしてみましょう!

写真のように足を閉じた状態で姿勢よく直立し、両手を合わせたらそのままゆっくりかがんで腰を落としてひざをしっかり曲げ、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。ここまでを1セットとし、同じ動きを30回繰り返して行います。

腰を落としてをひざをしっかり曲げよう

なおナロースクワットでは足を閉じた状態で腰を落とし、ひざを90度近くまで曲げることを意識するのが大切。

そうすることで太ももの前面だけでなく、内側や外側、そして裏側も同時に鍛えることが可能です。30回という少ない回数で確実な効果を得るためにも、ぜひ1つ1つの動きを丁寧に行ってくださいね。

こんなスクワットはNG!

またナロースクワットを実践してもあまり効果が実感できないという場合、実は腰やひざの位置に問題がある場合がほとんど!

腰&ひざの位置に注意して

腰が高い位置にあってひざが十分に曲がっていないというのはもちろん、ひざが前に突き出てしまっている場合は太もも外側のみが鍛えられ、内側や裏側への効果が薄まってしまいます。

しっかり太ももへ高い効果を出すためにも、ぜひ基本に忠実に実践してみてくださいね。

太ももだけじゃ満足できない!

また太もも以外の効果も得たいという場合は、基本のナロースクワットに様々な動きをプラスしてみましょう。

応用①:ダンベルで二の腕のエクササイズに

まずオススメなのがダンベルを使って行うナロースクワット。

下半身は基本の動きのまま両手にダンベルを持って行えば、二の腕のエクササイズが可能になります。なお自宅にダンベルがない場合は、水を入れた500mlのペットボトルでもOKです。

応用②:くびれ作りにはツイストをプラス!

さらにくびれを作りたい場合は、上半身にツイストの動きを足してみましょう。

こちらも下半身は基本のナロースクワットのまま、ひざがしっかり曲がったところで、上半身を左右にツイストさせます。この時ひざの位置は動かさず、おへそから上のみをひねることが大切。基本に忠実に実践してみましょう。

細く引き締まった太ももは永遠の財産♡

ほどよく筋肉がついて細く引き締まった太ももは、自分だけの財産!

ぜひ1日30回のナロースクワットをスタートさせて、デニムがかっこよく履きこなせる美脚を目指してみませんか?

記事に関するお問い合わせ