無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨でもおしゃれヘアアレンジ!プロが教えてくれた時短&簡単アイデア。

ヘアスタイル

1.ひとつに結んだだけが、こなれて見えるアイデア。「結んでから毛束だけ巻く」

ニュアンスゼロのひとつ結びは、何だか老けた印象に。顔まわりに動きもないため、顔を大きく見せてしまう。人気ヘアスタイリストの土田瑠美さんに、コテを使ったひとつ結びの時短でおしゃれに見せるコツを教わりました。

間がなくてもゆるふわニュアンスが欲しいなら、結んでから巻けばOK。簡単なのに可愛くキマる。

1.毛束をざっくりと太めに取り、結び目下を床と平行にアイロンで挟む。まずは内側へ半カール。

2.アイロンを下へずらし、1のカールの終わりから今度は外巻きに半カール。毛先まで繰り返す。

3.1~2の内巻き、外巻きを、残りの毛束も同様に繰り返す。波のようなウェーブに。

教えてくれたのは…Hair & make 土田瑠美さん
インスタフォロワー数31万人超えの人気ヘアスタイリスト。近著『ひとつ結びしかできない人のためのヘアアレンジBOOK』(主婦の友社)が好評発売中。instagram:@ru0711

2.マツエク感覚で楽ちん&ふんわり可愛いを叶える根元パーマ

韓国の女の子の間ではもはや常識になりつつある根元をふんわりさせるパーマですが、ロットや施術のコツなど色々とあり、日本国内で施術できるサロンはまだまだ希少なのだとか。そんな日本では幻の根元パーマ、あざといまでの可愛さと感度が高さの兼ね合いが絶妙なヘアスタイルを作ることで定評のある〈バイオレット 表参道店〉では、いち早く取り入れていて、噂を聞きつけたお客さんから支持を集めているそう。

ビフォーは顎のラインのミディアム。ふんわりしたボリュームが欲しくて伸ばしっぱなしにしていた分、まとまりにくくなってきたのが悩み。ついでペタンコになりやすい根元をふんわり可愛く立ち上げたい!髪の生え際に細いロットを巻いてパーマ液を塗るので顔に液が垂れてしまわないようフェイスシールドで万全のそなえを。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ