無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「美文字」で女度アップ♡ 今日から始めるキレイな字を書くテクニック8選

社会人になってから、字の上手さの重要性を痛感している方も多いのでは?請求書やお手紙などあらゆるところで見られている字だからこそ、練習して少しずつキレイにしましょう。今回は、美文字に近づくための8つのテクニックをご紹介します。

2017年4月
ライフスタイル

字が汚いとだらしがないと思われる?

スマホやパソコンが当たり前の現代社会。字を書く機会がめっきりへってしまいましたが、いざ書こうとすると「あれ?私こんなに字が汚かったっけ!?」と驚いてしまう時ってありませんか?

また、結婚式や名簿などに名前を書いてもらう時、さらっとキレイな字を書く人を見かけると、それだけでグンと印象が上がりますよね。今回は、美文字に近づくための字をキレイに書くコツをご紹介します。

字を練習する前に!正しい持ち方をチェック

キレイな字を書く人ってどんなイメージを持ちますか?キレイに書くテクニックはもちろん必要ですが、共通しているのは書く姿勢が正しいことと、ペンを正しく持っていることの2点。

姿勢を正せば字が変わる

まずは、字を書くときの自分の姿勢をチェック。正しい姿勢とは、背筋を自然にまっすぐ伸ばし、書くものに対して中心を合わせて座るのが基本。机と自分の体の間は握りこぶし1つあけて、足は自然に床につけます。

ペンの持ち方

正しいペンの持ち方は、ペン先から2.5㎝くらいの場所を、人差し指と親指、中指で軽く握ります。鉛筆の軸は紙に対して大体60度、そして右に20度ほど傾けるのが、正しい「手の姿勢」となります。

字を綺麗に書くための8つのコツ♡

1. 平仮名からスタート

文章を書く時の大半は「平仮名」ですよね。まずは、平仮名が上手に書けるようになるのが、美文字への近道。幼児用のひらがな練習プリントなどを使って、キレイに書くトレーニングを徹底的にしましょう。

ひらがな練習プリント

2. まっすぐな線を何本も書く

平仮名がキレイに書けるようになったら、今度はヒジを正しく動かしてまっすぐな線を引くトレーニングです。薄い縦罫線のあるノートを用意したら、線をなぞって上から下にスムーズに縦線を引きましょう。

今度は、罫線のないところで同じように引いてみましょう。テレビを見ながらでもOKなので、これを1回あたり3分以上練習すると効果的。ヒジは机の上に載せず、手とヒジを同時に動かすことを心がけて。

3. 焦らずにゆっくり書く

字をキレイに見せるには、一般的に一文字ずつ「とめ・はらい・はね」などをきちんと書くことがポイント。特に「はらい」は左右のバランスも大切で筆圧も大きく関係しています。はらいが上手になると文字に表情が生まれます。

「はね」はしっかりはねていないと、文字が下手な人と思われやすい場合も。さらに、「てん」は向きや間隔を意識して注意深く打ちます。「とめ・はらい・はね」と「てん」を意識するだけで、字は見違えるように美しくなりますよ。

4. 文字の間隔を一定にする

字そのものはキレイでも間隔が不規則だと、せっかくの美文字が台無しに。文字と文字の間を等間隔に保ち、統一感を持たせることで美しい見栄えになります。

5. 平仮名は漢字より少し小さめに

平仮名は漢字より若干小さく書くだけで、バランス良く見えるだけでなく、文字全体にまとまりが生まれるのでキレイに見えやすいといわれています。普段から意識して書いてみましょう。

6. 書き順は正しく書く

書き順はキレイな文字が書きやすいように決められているのをご存知でしたか?書き順を無視して自分の書きやすい字を書いていると、クセのある字から抜け出せないことも。

書き順がわからない字や自信がないものについては、そのままにしないできちんと調べて、正しい書き順を身につけるようにしましょう。初めは書きにくいと感じるかもしれませんが、字の流れが分かると納得できるはず。

書き順をまちがえやすい漢字一覧

7. 文字は少し右肩上がりに

別名「六度法」と呼ばれるものの一つ。これは、一画目を右に「6度」上げるというルールで、特に文字の横棒が右肩上がりになっていると美文字に見られやすいというもの。

rokudohou.com

垂直な線、水平な線のみで書かれた文字でも、確かにバランスがとれていてキレイに見えますが、間が抜けた印象を与えがち。正確に分度器で計らなくてもいいので、文字は少し右肩上がりで書くのを意識しましょう。

「六度法」公式サイトへ

8. 漢字はよく使う単語から練習

平仮名は50音だけですが、漢字の数は無限。ひと通りやるのは無謀なので、自分の名前や住所、会社名などよく使う単語から練習するといいでしょう。

手本にオススメなのが、Wordなどにも入っている「楷書体」や「教科書体」のフォントを使う方法。上達の最短ルートは楷書体を真似できるようになることなので、練習したい文字をプリンターで出力するのもアリ。

美文字で女性らしさをアップしよう♡

字がキレイなだけで、仕事ができるように見えたり、女性らしさがグッと上がります。美文字を習得するのは至難の業かもしれませんが、綺麗に見せるコツなら誰でも簡単にできます。ぜひ試してみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ