無料の会員登録をすると
お気に入りができます

憧れを現実に。『美女と野獣』をテーマにした結婚式のアイデア

純粋さとひたむきな気持ちが感動を呼ぶラブストーリー『美女と野獣』。映画の公開とともに、『美女と野獣』をテーマに結婚式をするカップルが増えているんです♡ 海外からたくさんのアイデアをピックアップしてご紹介。すぐに使えるアイデアも満載です。

2017年4月
恋愛・結婚

憧れを現実に

主人公ベルと野獣の心がどんどん寄り添っていく様子は、新郎新婦が結婚に至るまでの道のりと似ていますよね。誰もが憧れるラブストーリーをテーマに結婚式をする人へ、ぜひ参考にしてほしいものばかりを集めました。

①挙式は夢の世界の中で

バージンロードに演出を

バージンロードには、物語の象徴でもあるイラストを。敷き詰められた赤い花びらは、二人の燃え上がる気持ちを表しているようです。

キュートな雰囲気のボールブーケ

テーマカラーでもあるイエローとブルーのボールブーケで可愛く装飾。春夏シーズンにもピッタリの配色です。

愛の証はオリジナルのピローで

本をハート型にくり抜いて、そこにリングを入れたアイデア満載のリングピロー。ページを閉じると、リングピローとはわからないので、サプライズ演出にもおすすめです。

情熱とともに贈られるリング

Pin it
ピンもと: bridalguide.com
22
203

赤いバラの花ことばは「情熱」。リング交換の時に赤いバラを1輪持つ様子は、印象的なシーンになります。

②こだわりの世界へ迎える受付

気分高まるウェルカムボード

「Be our guest」。おしゃれな額に入れたウェルカムボードは、招かれたゲストにとって嬉しい演出。

書き込みたくなるゲストブック

ゲストブックの中央には、野獣とベルの姿を。後にインテリアとして飾っても素敵です。

手にしたゲストが思わず笑顔

席次表は、物語を象徴するカラーで。ゲストの気分も高まります。

お迎えスペースから雰囲気づくりを

受付に飾りたいキュートなイニシャルモチーフ。ポップな雰囲気でリラックスしてもらえそうですね。

気遣いを感じさせるささやかな装飾

Pin it
ピンもと: littlechapel.com
1
675

ウェルカムスペースやロビーには、こんな風に赤いバラを飾ってはいかが。主張しすぎないショート丈は、誰にも好感を持ってもらえます。

待ち時間を楽しんでもらえるフォトプロップス

ロビーでの待ち時間にゲストの記念撮影に使ってもらえるだけでなく、披露宴中はメインテーブルに置いて皆さんとの写真撮影をポップに楽しむこともできます。

DIYであたたかなウェルカムサインを

イラストをグラスや細長い透明の筒に入れて飾るだけの簡単DIY。受付にはもちろん、会場装飾としても使えます。

ウェルカムフードも大切な演出

物語に登場するモチーフで作ったアイシングクッキーは、ウェルカムフードとしておすすめ。小さな袋を用意して、持ち帰ってもらえるようにするのもいいですね。

③披露宴会場コーディネート

華やぎの空間は赤いバラで

赤いバラをメインにした上品なコーディネート。グリーン多めのフラワー装飾がナチュラルで優しい雰囲気を感じさせます。

カラーグラスでクラシカルに

グラスをカラーにするだけで、格段に品のある雰囲気になります。オリジナリティを大切にする大人のカップルにおすすめ。

カラードレスをより魅力的にする白ベースのコーデ

日当たりのいい会場なら、白を基調にしてソフトなカラーでコーディネートすると明るさと華やかさがアップします。カラードレスの色が映えるので、ドレス選びにこだわりを持っている人ならぜひ。

ベルの素朴な雰囲気をテーブルで

純粋で素朴なベルの雰囲気は、野に咲く花のような装花で演出。温かみのあるイエローのクロスは、テーブルでの会話を和やかなものにしてくれます。

空間を感じられる「吊るす」演出

天井から吊るしたイエローのバラは、想像以上に存在感があります。あえてテーブルをシンプルにして、空間を飾るのもインパクトがありますよ。

メインテーブル装飾にもおすすめ

花びらとクリスタルの組み合わせがとても華やか。写真写りも鮮やかなので、メインテーブル周辺に飾るのがおすすめですよ。

ありそうでなかったゴールドのカトラリー

シンプルなテーブルコーディネートでも、カトラリーをゴールドにするだけで格段に印象的に。

まるでファンタジーのような幻想的な明かり

バラの色と温かみのあるキャンドルの炎の色はベストマッチな組み合わせ。キャンドルサービスで会場を暗転させたとき、明かりが灯る様子は何とも幻想的です。

素敵な記念日にするために

一生でたった1日プリンセスになることのできる日だからこそ、夢の空間づくりにこだわってコーディネートしたいですよね。ぜひ参考にして、一生の記念日にしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ