無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すぐ散らかっちゃう!無理なく片付けを「習慣化」する7の方法

片付けてもすぐに散らかってしまって、部屋が常にグチャグチャ…。どうしたら綺麗な部屋を維持できるの?と、悩んでいる方のために、散らかさない習慣が身につく7つの方法をご紹介致します。

2017年4月
インテリア

綺麗な部屋を維持する、7つの方法

「掃除を後回しにしがち」「片付けてもすぐに散らかってしまう」もしかして部屋が常に汚い状態で困っていませんか?

finda.photo

どうしたらいつも綺麗な部屋を維持できるの?と、悩んでいる方々のために、掃除が苦にならなくなる!散らかさない習慣を身につけるための方法(ポイント)をまとめました。

1.いらなくなったらすぐ捨てる

読み終わった書類や雑誌、カタログ、使い終わった空き容器など、いらなくなった・使い終わったものはすぐに捨てましょう。こまめに処分するクセをつけると良いです。

2.ものを減らす

finda.photo

ものが少なくなれば、それだけ散らかりにくくなります。また、どこに何があるかわかりやすくなるので片付けもスムーズになります。

3.定位置を決め、出したらしまう

finda.photo

出したものは使い終わったらその都度しまいましょう。「使い終わったらすぐに元の場所に戻す」これを徹底すればものが散乱することはありません。そのために、なんでも定位置をしっかり決めておくと良いです。

4.毎日やる

習慣化するためには継続すること、毎日行うことが重要です。「疲れたから今日はやらない」「休日だからやろう」という感じでは習慣にならないので、結果途中で挫折してしまいます。

finda.photo

まずは毎日行うことを優先し、「出したらしまう」を徹底するなど、1つに絞って継続していくと良いでしょう。1つが習慣化したら2つに、2つ習慣化したら3つに、と徐々に増やせば良いのです。

5.お客様を呼ぶ

finda.photo

他人に見られる!と思うと、綺麗にしておきたくなりますよね。なので、定期的に友達や知人などお客様に来てもらうようにしましょう。

6.周りに宣言する

finda.photo

周りに宣言することで、しなくてはならない状況が作れます。他人を巻き込むことで継続しやすくなるのです。

7.頑張りすぎない

毎日完璧を求めると辛くなり、挫折しやすくなります。

finda.photo

誰でも忘れることはありますし、どうしようもなく疲れてる時もあります。片付けることを「徹底する」のが目標ではなく「習慣化」することが目標なので、頑張りすぎないようにしましょう。

いつでも綺麗な部屋に

‟毎日やる”の項目でも記載したように、ここで紹介した方法をいきなり全て実行しなくてもOKです。まずはどれか1つから始めてみて下さい。継続していくことが重要です。

finda.photo

‟いらなくなったらすぐ捨てる”、‟定位置を決め、出したらしまう”などは、すぐ実行できるのでおすすめです。散らかさない習慣を無理なく身につけて、いつでも清潔で綺麗な部屋を手に入れましょう。

記事に関するお問い合わせ