無料の会員登録をすると
お気に入りができます

至高の快感に誘おう♡ 彼を虜にするオーラルセックステクニック

オーラルセックスをしてもらうのが好きな男性は多いものですが、苦手に感じていたり、いまいち楽しめないという女性は意外と多いものです。そこでオーラルセックスに苦手意識のある女性でも楽しめるコツをご紹介いたします♡

2017年4月

彼と楽しむオーラルセックス

オーラルセックスをしてもらうのが好きな男子は多いものですが、オーラルセックスを苦手に感じていたり、いまいち楽しめていないという女性は意外と多いものです。

特に彼を積極的に攻める側にたったとき、雑誌やアダルトビデオの内容を見よう見まねで実践していては、なかなか女性側は楽しむことができません。

またセックスの内容に嫌悪や不安があると、リラックスして彼とのセックスを楽しむこともできなくなってしまいます。彼とのセックスをさらにステキにするために、もっとオーラルセックスを楽しむ方法をご紹介します♡

セックスを始める前の準備

シャワーを浴びて清潔に

Pin it
ピンもと: maison-deco.com
1
2846

セックスを始める前はきちんと準備するのが大切です。オーラルセックスに対する苦手意識は、ダイレクトに男性の匂いに触れたことで嫌悪感を覚えてしまったことが原因の一つとしてあげられます。

Pin it
ピンもと: refinery29.com
2
6

きちんとシャワーを浴びて体を清潔にしてからお互いに触れ合うことで、匂いなどのセックスで女性が感じやすい嫌悪感を半減することができます。

また感染症などの病気の予防にもつながるため、セックスをする前の体は清潔に保つようにしましょう。

水分補給も忘れずに

人間の体のほとんどは水分でできています。実はセックスを通して起きる体の反応もまた体の水分量に左右されます。緊張すると、口や体も乾きやすくなります。しっかり水分補給をしておきましょう。

女性も好きになれるオーラルセックス

アダルトビデオはお手本にしない

Pin it
ピンもと: yessupply.co
204
2
1089

アダルトビデオをお手本とした触れ方が女性にとって非常に不快であるように、アダルトビデオを模した強引な触れ方は男性にとっても苦痛なものです。

Pin it
ピンもと: playbuzz.com
15

男性の体も女性と同じようにデリケートにできています。まずは優しくゆっくり触れることから始めてみましょう。

歯を立てない・イカせようと思わないが鉄則

彼にオーラルセックスをしてあげるとき、一番NGなのは歯を立ててしまうことです。男性曰く、歯があたるとかなり痛いそう。

彼を気持ちよくさせようと焦ると、誤って歯を立ててしまうことがあるので、彼をイカせようと頑張るのをまずはやめること。エッチの序章として、「ゆっくり気持ちよくなってもらえれば」くらいに思っておくといいでしょう。

アイスを舐めるイメージ♡

まず、アイスクリームやぺろぺろキャンディを舐めるイメージで優しく舐めてみましょう。舌で舐めたら、写真のように歯を立てないで唇で含んでみても♡

彼の反応を観察しよう

彼に気持ち良くなってほしいなら、彼の反応を観察することが大切です。男性の反応は意外と素直だから、どの部分をどうされると彼が気持ち良さそうにしているかをチェックしてみてください。

オーラルセックスのポイントは彼の気持ちいい部分を刺激することに限ります。それには彼の反応に合わせて、口を動かすことが大切です。気持ち良さそうなポイントは重点的に攻めましょう。

「どうしてほしい?」と聞く

女性と同じように、男性もそれぞれ気持ちいい場所は異なります。「どこが気持ちいい?」「ここがいいの?」「どうしてほしい?」と男性に聞いてみてください。それだけでお互いの興奮が高まります。

彼の顔を見上げる

男性は女性に見つめられるとドキドキするもの。オーラルセックス中は必然的に上目遣いになる絶好のシチュエーションです♡ 彼の顔を見つめてみてくださいね。

手で背中や胸元に触れる

優しい指使いで体に触れられると女性も気持ちいいですよね。オーラルセックス中も彼の腰や背中、胸元などを優しく触ってあげましょう。Wの快感が彼を襲うはず♡

時には二人同時に触れ合って

女性ばかりが一方的に奉仕してては、セックスがつまらないものになってしまいます。ときには彼にも触れてもらって、お互いに気持ち良くなることが大切です。

お互いに触れ合いながら気持ちよくなれればもっとオーラルセックスを楽しむことができますし、よりオーラルセックスの魅力を感じることができるはずです。

もっと楽しいオーラルセックス♡

いかがでしたか? 女性が苦手に感じやすいオーラルセックスですが、彼との距離をさらに縮め、夢中にさせることのできるすばらしいテクニックでもあります。ぜひ試してみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ