無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨の季節は靴箱も注意!玄関のニオイ・カビを防ぐ湿気対策・収納術

インテリア

整理収納アドバイザーのkazukoです。ジメジメとした梅雨は、ニオイやカビが気になりますよね。特に玄関の靴箱は心配な場所。ニオイやカビが発生しない工夫が必要になってきます。そこで今回は我が家で実践している、靴箱の湿気対策と収納術をご紹介します。

シューズBOXシートでニオイ・カビ・雑菌を防ぐ!

掃除してキレイになった靴棚。少しでもその状態を維持したいですよね。そこで我が家では、100円SHOPのシューズBOXシートを敷いています。備長炭配合のモノで、消臭・抗菌・防カビ加工なので清潔に収納できます。表面が汚れても拭き取りやすいので、お手入れも簡単です。古新聞の活用もオススメです。

特に気になる靴のニオイは100円SHOPの竹炭で消臭!

1日吐き倒した靴は、汗でニオイが…そこで100円SHOPの竹炭シューズ用を靴に入れるようにしています。時間をおくとだいぶニオイが気にならなくなります。

靴箱のカビ・ニオイを防ぐには、湿気がこもらないようにしっかり風を通して換気をすることが大切です。靴箱の扉は来客時以外は、開けっ放しにしておくといいでしょう。靴の適正量をキープすることも忘れずに。100円SHOPなどの除湿アイテムを活用して、スッキリした玄関で梅雨を乗り切りましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ