無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人生の先輩に学ぼう♡20・30代で「しておけばよかった」5つのこと

大人になって「たられば」ばかりの人生を送りたくない!と考えているのなら、先人の後悔に学ぶのが人生を豊かにするカギ。40代、50代の女性が教える素敵な生き方の秘訣をご紹介します。

2017年4月
ライフスタイル

なるべく後悔の少ない人生を送りたい!

充実した人生、今から“どう生きるのか”が大切

20代や30代のロカリ読者の女性の中には、体力的にも気力的にも「今がもっとも人生で充実している」と感じている方も多いのではないでしょうか?

しかしそれとは裏腹に「あの時もっとしておけばよかった」「別の道を選んでいたらもっと楽しく生きられたのかも」という後悔を抱えている方も決して少なくないですよね。

今こそ大人女性の「たられば」に学ぼう

そこで今回はこれからの人生をより豊かにHAPPYに生きるために、すでに20代、30代を経験した40代や50代の大人の女性が実際に感じている「しておけばよかった」といういわゆる“たられば”をまとめてご紹介いたします。

彼女たちの経験に学び、ぜひ今から人生を充実させる参考にしてみてくださいね。

① 失敗を恐れず挑戦すればよかった

仕事も恋愛も人生は失敗から学ぶ方が多い

昔から「後悔するのは挑戦して失敗したことよりしなかったこと」と言われるように、多くの大人の女性は挑戦しなかったことへの後悔を持っているようです。

「思い切って髪を切ってみる」という小さなことから「転職する」「学校で学びなおす」といった人生を左右することまで、大抵のことはたとえ失敗しても取り返しがつきます。ぜひ若いうちこそ、挑戦に柔軟でありたいですね。

② いろんな国に旅行すればよかった

時間・体力がある時こそ旅に出よう

20代、30代というのは人生の中でもっとも金銭面・体力面・時間のバランスが取れた時。そんな時こそ旅行に出かけて自分の価値観を変えるような経験を積んでみませんか?

特に女性の場合は結婚・出産を経験すれば、仕事に加えて家事や子育てなどでなかなか自由なお金・時間を手に入れることが難しくなります。

記事に関するお問い合わせ