無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その太さの原因は“むくみ”かも?むくみ撃退デトックスストレッチ&マッサージ

夕方になると足がパンパン。朝起きてからも足元がスッキリしないと思っているなら、その太さの原因はしつこい“むくみ”かもしれません。しつこいむくみを撃退するデトックスストレッチやマッサージなどのむくみ対策をご紹介します。

2017年4月
美容

足の太さはしつこい“むくみ”かも?

むくみを解消する方法が知りたい!

夕方には足がパンパン、足に触れると芯から冷えきっていて、朝になっても足がスッキリしない…なんて症状が思い当たる方はいませんか?もしかしたら足の太さの原因は、しつこい“むくみ”によるものかもしれません。

Pin it
ピンもと: vintag.es
12

筋肉量の少ない女性はむくみやすく、体調や普段の生活習慣にも影響されやすいと言われています。運動不足や疲労、間違ったダイエットなどでも足はむくみ、それが蓄積すると頑固なむくみへと発展してしまいます。

きちんとむくみを解消できないと、ドッシリとむくみが蓄積し、足が太くなってしまいます。むくみはしっかり解消することが大切です。

Pin it
ピンもと: saboskirt.com
6

その日のむくみはその日のうちに!しっかりとむくみを解消できるデトックスストレッチやマッサージ、心がけたい生活習慣などをご紹介します。

むくみを撃退“解消ストレッチ”

むくみは体の代謝が低下することも原因の1つ。1日の終わりにしっかりとストレッチをしておけば、翌日スッキリした足元を取り戻すことができます。

Pin it
ピンもと: flaunt.com
9

慢性的なむくみを放っておくと、足はどんどん太くなるばかり。最終的には余計な脂肪を付けてしまう原因となってしまいます。むくみのうちにしっかりとケアしましょう。

股関節を柔らかくして血行促進

パンパンになった足のむくみ解消をするためには、滞っている血流を促してあげる必要があります。むくみが目立ちやすく、血流の滞りやすい下半身は股関節の筋肉を重点的にストレッチするのがおすすめです。

仰向けに寝ころんだら、寝たままY字バランスをするようなイメージで片足をあげられるところまで持ち上げます。背中・お尻は床にしっかりつけ、体は真っすぐなまま。股関節だけを開きましょう。

しっかりと足の付け根と股関節を伸ばしたら、今度は片足を体に近づけた状態で仰向けになり、太ももの表・内側をしっかり伸ばしましょう。余裕がある場合には片足はまっすぐ伸ばし、さらに負荷をかけます。

Pin it
ピンもと: prevention.com
4
7

右足を90°に持ち上げ、太ももに左足の足首をかけて股関節を伸ばします。膝を近づければ近づけるほど、股関節をのばすことができます。両足を交互にゆっくりと股関節のストレッチを行いましょう。

股関節を左右にストレッチしたら、今度は前後に伸ばします。右足は膝を折って前に、左足は後ろにまっすぐ伸ばし、上体を倒して股関節に負荷をかけていきます。無理なく、両サイド行いましょう。

Pin it
ピンもと: fitsugar.com
1

最後は脚を折り交差させて、股関節の外側の筋肉を伸ばしていきます。滞っていた下半身の血流がしっかりと流れていくのが感じられると思います。

毎日必ず5分間、足をあげて行う瞑想タイム

ストレッチの最後には、壁などを使って脚をあげて、下半身に滞っている水分や血流を体の中心へと促しましょう。毎日5~10分行うだけで、見違えるほど足のむくみが解消されるはずです。

むくみを解消“毒出しリンパマッサージ”

むくみを解消するためにはセルフマッサージも不可欠です。お風呂上りなど血行が良くなっているときに、ボディクリームやオイルを使って、足の先から体の中心、外から中に、を意識してマッサージを行いましょう。

体の代謝を高めるためには足裏も重要。足裏のツボをゆっくりとイタ気持ちいいと感じるくらいの圧力でマッサージしていきましょう。足裏が終わったら足首、ふくらはぎ、太ももへと続けます。

ふくらはぎから太ももにかけて、ゆっくりと下から上へと揉みあげていきます。表・裏とゆっくり行います。最後には血流を促すよう足首から膝、膝からお尻へと撫で上げて完了です。

触れると冷たい部分や、疲労感を感じる部分などは重点的に行うのがポイントです。一度のマッサージで劇的に変化することはないので、毎日短時間でも続けることが大切です。

Pin it
ピンもと: mapi.com
3

毎日行うことでしつこいむくみが少しずつ解消され、またむくみにくい足へと変化していくはずです。

むくまない生活習慣

タンパク質が不足しているのかも

むくみの原因は長時間座りっぱなしだったり、立ちっぱなしだったことで起きる血行不良だけが原因ではありません。特に下半身のむくみがひどい場合には筋肉量が少ないないことも原因です。

慢性的なむくみ対策には、運動をするのがお勧めです。運動することで筋肉量が増え、また血行や代謝が促進されることで根本的な解消にアプローチすることができます。

しかし、実はそれだけでもまだ不十分な場合もあるのです。現代の日本女性はややたんぱく質が不足しがち。タンパク質が不足すると、体に余計な水分や老廃物が増えて、むくみを助長してしまうのです。

特にダイエットをしているとカロリーばかり気にして、栄養のバランスが崩れがち。ひどいむくみが気になる場合には、運動に加えて、食生活を見直すことがとても重要です。

むくみのない、美しい足へ

いかがでしたか?ひどいむくみは必ずその日のうちに改善して、むくまない生活習慣を心がけましょう♡

Pin it
ピンもと: topinspired.com
1
5
記事に関するお問い合わせ