無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その場所まだまだ使えます! 家からデッドスペースをなくす収納のヒント

インテリア

あなたのお家にもあるデッドスペース

引越しや掃除、模様替えで出てくる悩みといえば、収納が少なくモノが収まりきらないということ。訪問者が来ても恥ずかしくないように、オシャレな見た目をキープしていたいですよね。

デッドスペースの有効活用がポイント!

キッチンやお手洗い、リビングルームなど、あなたのお部屋にもぐるっと見渡せばデッドスペースがありませんか?そんな空きスペースを上手に活用することで、収納力がグンと上がるんです。

最近はDIYユーザーも増え、収納テクニックも充実しています。ただ収納力が上がるだけでなく、合わせ方次第で素敵な空間へ変化する可能性があるんです。そんな空きスペース活用術を場所別に紹介します♡

第一印象が決まる「玄関」

住まいの「顔」と言われる玄関は家の第一印象を決める場所です。靴がシューズボックスに収まりきらず玄関に溢れかえってしまうご家庭が多いと思いますが、みなさんがどういう風に収納場所を広げているか気になりますよね。

玄関からはじまるおもてなし

玄関は家の雰囲気を伝えることができるスペースです。マットの幅に合わせて小物を並べておしゃれに飾ったり、フラワーポットで小さなガーデニングを楽しむことができそうですね♡

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

収まらない靴はDIY収納

靴箱や傘立てに収まりきらず靴が出しっぱなしになってしまう…なんてことありませんか? そんなときは靴箱の隣や向かい、上下いずれかに空いたスペースがあるはず。サイズの合ったボックスを補うことでスッキリしますよ。

靴箱の中も有効活用♡

靴箱の中は靴だけ、というルールはありません! 突っ張り棒などを使ってフックを付けることで、立派な鍵かけにもなるんです。雑貨や小物で一段全部をディスプレイスペースにしても◎。 いつもよりお出かけが楽しくなりますね。

記事に関するお問い合わせ