無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その場所まだまだ使えます! 家からデッドスペースをなくす収納のヒント

シンプルできれいなお家がいいけれど、なかなか片付かないモノが多い! そんなときは部屋を見渡せば必ず見つかる「空いたすき間」を上手に使って収納力をぐんっと上げましょう♡

2017年4月
インテリア

あなたのお家にもあるデッドスペース

引越しや掃除、模様替えで出てくる悩みといえば、収納が少なくモノが収まりきらないということ。訪問者が来ても恥ずかしくないように、オシャレな見た目をキープしていたいですよね。

Media?size=l
instagram.com

デッドスペースの有効活用がポイント!

キッチンやお手洗い、リビングルームなど、あなたのお部屋にもぐるっと見渡せばデッドスペースがありませんか?そんな空きスペースを上手に活用することで、収納力がグンと上がるんです。

Media?size=l
instagram.com

最近はDIYユーザーも増え、収納テクニックも充実しています。ただ収納力が上がるだけでなく、合わせ方次第で素敵な空間へ変化する可能性があるんです。そんな空きスペース活用術を場所別に紹介します♡

第一印象が決まる「玄関」

住まいの「顔」と言われる玄関は家の第一印象を決める場所です。靴がシューズボックスに収まりきらず玄関に溢れかえってしまうご家庭が多いと思いますが、みなさんがどういう風に収納場所を広げているか気になりますよね。

玄関からはじまるおもてなし

玄関は家の雰囲気を伝えることができるスペースです。マットの幅に合わせて小物を並べておしゃれに飾ったり、フラワーポットで小さなガーデニングを楽しむことができそうですね♡

Media?size=l
instagram.com

収まらない靴はDIY収納

靴箱や傘立てに収まりきらず靴が出しっぱなしになってしまう…なんてことありませんか? そんなときは靴箱の隣や向かい、上下いずれかに空いたスペースがあるはず。サイズの合ったボックスを補うことでスッキリしますよ。

Media?size=l
instagram.com

靴箱の中も有効活用♡

靴箱の中は靴だけ、というルールはありません! 突っ張り棒などを使ってフックを付けることで、立派な鍵かけにもなるんです。雑貨や小物で一段全部をディスプレイスペースにしても◎。 いつもよりお出かけが楽しくなりますね。

Media?size=l
instagram.com

主婦のメインスペース「キッチン」

毎日多くの時間を過ごす場所であり、調味料や調理道具・ストックの袋など、日々モノが増えがちなキッチン周り。毎日使う場所だからこそ使い勝手の良い収納スペースを確保したいですよね。

「突っ張り棒」は収納作りの強い味方!

100円均一ショップでも手軽に購入できる突っ張り棒とワイヤーネットを組み合わせればオリジナルキッチンラックが完成!調味料やラップなど使用頻度の高いモノを収納すれば、効率よく料理ができるかもしれません。

Media?size=l
instagram.com

キッチン用の布巾はいくつあっても困らないもの。収まりきらない分はマグネット・突っ張り棒・S字フックを利用して掛けてみてはいかがですか?サッと手に取れて、引き出しなどから取り出す手間も省けちゃいます♡

Media?size=l
instagram.com

食器類を上手にしまうコツ

食器は積み重ねて収納するご家庭も多いと思いますが、スペースがなければ縦並びを採用してみましょう。 余分な空きスペースを作りません。鍋蓋などもファイルボックスや仕切りを使って縦並びにすれば、まだまだ収納できるスペースが見つかるかも。

Media?size=l
instagram.com

生活の身だしなみ「バスルーム」

家族全員が使用するバスルームは、洗濯機や洗面台など大きいモノがあり比較的狭い空間ですよね。キッチンで紹介した突っ張り棒とワイヤーネットはこちらでも大活躍!仕切りを作って収納場所を広げましょう。

洗面台下の収納スペースはホースや蛇口がむき出しになっていて上手に収納できないですよね。そんなときは突っ張り棒や引き出し収納を利用して空間を分けると、スペースを有効活用できます。

Media?size=l
instagram.com

ここでもファイルボックスが役に立ちます。厚みのない洗濯板は扉の裏に吸盤式のフックなどをつけて引っ掛け収納を。

Media?size=l
instagram.com

自分らしさが詰まった「クローゼット」

お洋服や小物類を収納するクローゼットは、スペースが足りない場所のひとつでは?ファッションに敏感なLOCARIユーザーさんも必見の収納術を紹介します。

バスケットやボックスを使用

衣類はハンガーに掛けるだけでは収まりきらず、引き出しに畳んで入れても今度は出し入れが面倒でかえって散らかったりしますよね。着る頻度が高い衣服はボックス収納にしてしまってもOK。サッと取り出しやすく効率もよくなります。

Media?size=l
instagram.com

ストールやベルトなどかさばる小物類にはハンガーを使った収納術がおすすめ。ひとつのハンガーに複数かけたり、洗濯バサミを挟むことで靴を収納するアイデアも。また、収納ボックスは仕切り板で区切ることで、キレイに整理整頓できちゃうんです。

収納上手で毎日が楽しく♡

収納術をヒントに「こういう収納の仕方ありかも!」なんて新しいアイディアが浮かぶ瞬間って楽しいですよね。毎日、生活を送る上で片付けのヒントがたくさん転がっていることでしょう。

www.pexels.com

収まりきらなかったモノも上手に片付けられることで断捨離につながったり、必要なモノは一層愛着が湧くと思います。ぜひ次の衣替えやお部屋のお掃除の機会に試してみてください。

記事に関するお問い合わせ